財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
N19
タイトル
送電設備の雪害に関する研究 −2007〜2011年度成果−
[Title]
Study of Damage to Overhead Transmission Facilities Caused by Wind, Snow and Salt - Research results in fiscal years 2007 - 2011-
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
2005年12月,日本海側地域で,重着雪による送電設備損傷や,電線ギャロッピングによる短絡,塩分を含んだ雪の付着によるがいしの絶縁低下が原因として,広域供給支障が相次いだ.このため,観測機会の少ないこれらの雪害事象の更なる解明と合理的な対策確立へ向けた電気事業大での取組が求められている.このような背景を受けて,電力中央研究所では,全国の電力会社の協力の下,2007年度からおおむね10ヶ年を研究期間として,送電設備の雪害に関する研究を開始した.全国7ヶ所に雪害現地観測システムを設置するとともに,電力各社の雪害とこれに関連する気象データを収集・格納したデータベースを構築した.これらのシステムとデータを活用して,雪害発生機構と発生気象条件や雪害の予測手法の精度向上,各種対策品の効果検証を目的とした研究を継続中である.本報告書は,研究プロジェクト前半5ヶ年の成果をとりまとめたものである.
[Abstract]
In December 2005, severe snowstorms on the coast of the Sea of Japan caused damage on overhead transmission facilities as follows: the partial collapse of transmission towers resulting from overload of heavily accreted snow, the short circuit accidents of transmission lines caused by galloping, and the failure of electrical insulators, or flashover due to sea salt contained in the snow. After the incidents, a ten-year research project started in 2007 in CRIEPI with cooperation of all Japanese electric utility companies. Extensive field observation systems were installed in seven sites in Japan, and a data management system was constructed to store practical examples of snow-related damage and their meteorological conditions. Using the systems and data stored, various studies have been continued, aiming to elucidate the physical process of the snow-related damage, to improve its prediction methods, and to examine current measures against it. This summary report describes results at midterm of the research project.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2012
発行年月 [Issued Year / Month]
2013/05
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

西原 崇

地球工学研究所 流体科学領域

杉本 聡一郎

地球工学研究所 流体科学領域

清水 幹夫

地球工学研究所 構造工学領域

本間 宏也

電力技術研究所 高電圧・絶縁領域

石川 智已

地球工学研究所 構造工学領域

屋地 康平

電力技術研究所 高電圧・絶縁領域

松宮 央登

地球工学研究所 流体科学領域

大原 信

環境科学研究所 大気・海洋環境領域

木原 直人

地球工学研究所 流体科学領域

麻生 照雄

地球工学研究所 流体科学領域

渡邉 眞人

地球工学研究所 流体科学領域

平口 博丸

地球工学研究所 流体科学領域

田中 伸和

電力中央研究所

金津 努

地球工学研究所

江口 譲

地球工学研究所 流体科学領域

石野 隆一

システム技術研究所 情報数理領域

高橋 章

環境科学研究所

橋本 篤

地球工学研究所 流体科学領域

豊田 幸宏

地球工学研究所

坂田 学

地球工学研究所 流体科学領域

佐伯 正樹

地球工学研究所 流体科学領域

田中 一成

地球工学研究所 流体科学領域

雪野 昭寛

地球工学研究所 流体科学領域

坂口 剛

地球工学研究所 構造工学領域

佐藤 研吾

地球工学研究所 流体科学領域

金谷 勝

地球工学研究所 流体科学領域

大橋 巌雄

地球工学研究所 流体科学領域

八島 政史

電力技術研究所

藤田 慎一

電力中央研究所

大友 敬三

軽水炉安全特別研究チーム

松浦 真一

地球工学研究所 地震工学領域

高橋 毅

電力技術研究所

キーワード [Keywords]
和文 英文
架空送電設備 Overhead transmission facility
重着雪 Heavy snow accretion
ギャロッピング Galloping
塩雪害 Salty snow damage
気象条件 Meteorological condition
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.