財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
O15003
タイトル
大規模水理実験による津波フラジリティ評価手法の高度化(その2)−津波漂流物の衝突力評価手法の適用性検証−
[Title]
Development of tsunami fragility evaluation methods by large scale experiments(Part II) - Validation of the applicability of evaluation methods of impact force due to tsunami floating debris -
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
津波漂流物の衝突力評価においては,様々な衝突力推定式が提案されているが,これらの適用性に関しては不明瞭な点が多い.そのため,木材及び実物の自動車を用いた衝突実験を実施し,既往推定式の適用性を検証した.既往推定式は,その入力に漂流物の「材料定数」が必要なものと,材料定数に加え構造形式等を考慮した「剛性」が必要なものに大別できる.前者の推定式による推定値は,木材の衝突実験結果と概ね一致した.一方,後者の推定式による推定値は,自動車の衝突実験結果と概ね一致した.ここでは,静的載荷実験より計測した自動車の軸剛性を計測している.このように,自動車や船舶などの構造体が漂流物となる場合は,それらの軸剛性を適切に評価すれば,後者の推定式が適用可能であると考えられる.
[Abstract]
In order to examine the applicability of the existing estimation equations of the impact force due to tsunami floating debris, the collision tests are carried out. In the experiments, logs and full-scale light car are used. In this report, two types of existing equations, one is based on the Young's module of the debris (Eq.A) and the other one is based on the stiffness of the debris (Eq.B), are focused on. The estimated impact forces using Eq.A with log's Young module obtained by the material test agree with measured forces obtained by the collision test. But Eq.A does not applicate to a car because it is not easy to determine the Young's module of a car. On the other hand, the estimated impact forces using Eq.B with car's stiffness obtained by the static loading test agree with measured forces obtained by the collision test. This indicates that Eq.B unable us to estimate impact force of the floating debris such as car if the stiffness of the debris is determined.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2015
発行年月 [Issued Year / Month]
2015/08
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

高畠 大輔

原子力リスク研究センター 自然外部事象研究チーム

木原 直人

原子力リスク研究センター 自然外部事象研究チーム

甲斐田 秀樹

原子力リスク研究センター 自然外部事象研究チーム

宮川 義範

原子力リスク研究センター 自然外部事象研究チーム

柴山 淳

地球工学研究所 構造工学領域

池野 正明

原子力リスク研究センター 自然外部事象研究チーム

キーワード [Keywords]
和文 英文
漂流物 Floating debris
衝突力 Impact force
水理実験 Hydraulic experiment
画像計測 Image measurement
津波・氾濫流水路 Large-scale tsunami physical simulator
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.