財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
O15005
タイトル
沿岸立地原子力発電所の竜巻風速ハザードモデルTOWLAの開発
[Title]
Development of a tornado wind speed hazard model for limited area (TOWLA) for nuclear power plants at a coastline
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
2013年に施行された原子力発電所の新規制基準に基づき,竜巻の影響を評価する必要がある.わが国の竜巻の多くは,海岸線付近の沿岸域で発生しているため,原子力規制委員会の竜巻影響評価ガイドでは,海岸線から海側・陸側にそれぞれ5kmの帯状領域を竜巻検討地域とする事を求めている.しかし,海上で発生した竜巻の強度や被害域長さ・幅の正確な値を得ることは非常に難しい.
本研究の目的は,海岸線に沿う幅の狭い帯状領域を対象として,新しい領域竜巻風速ハザードモデル(TOWLA)を開発することである.帯状領域としては,海岸線から陸側に5km幅とした.上陸した海上竜巻を考慮するために,帯状領域内で発生した竜巻に加え,その領域に侵入あるいは通過した竜巻も発生数にカウントする.提案したモデルは,竜巻被害域長さの代わりに,セグメント長さを用いる点に特徴がある.セグメント長さとは,帯状領域内を竜巻が横切った時の長さである.本研究では,セグメント長さの計算法として,観測データに基づく方法と,被害域長さと帯状領域の幅および竜巻移動特性から幾何学的に規定される方法の2種類を示した.更に,TOWLAでは,竜巻の被害域長さ方向および幅方向の風速変化を考慮した.
[Abstract]
It is necessary for Japanese electric power companies to assess tornado risks on the nuclear power plants according to a new regulation in 2013. The new regulatory guide recommends to select a long narrow strip area along a coast line with the width of 5km to the seaward and landward sides as a target area of tornado risk assessment, because most of Japanese tornados have been reported near the coast line, where all of Japanese nuclear power plants are located. However, it is very difficult to evaluate a tornado hazard along a coast line, because there is no available information of F-scale and damage length/width on tornadic waterspouts.
The purpose of this study is to propose a new tornado wind hazard model for limited area (TOWLA), which can be apply to a long narrow strip area along a coastline. In order to consider tornadic waterspouts moved inland, we evaluate the number of waterspouts entering/passing the targeting area, and add them to the total number of the tornado occurred in the area. A characteristic of the model is to use "segment lengths" instead of damage lengths. The segment length is a part of the tornado foot print in the long narrow strip area. We show two methods for segment length computation. One is based on tornado records; latitude and longitude of tornado genesis and dissipation locations. The other is to compute the expected segment length based on the geometrical relationship among the damage length, area width, and directional characteristics of tornado movement. The new model can also consider the variation of tornado intensity along the path length and across the path width.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2015
発行年月 [Issued Year / Month]
2016/06
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

平口 博丸

原子力リスク研究センター 自然外部事象研究チーム

野原 大輔

原子力リスク研究センター 自然外部事象研究チーム

杉本 聡一郎

原子力リスク研究センター 自然外部事象研究チーム

江口 譲

原子力リスク研究センター 自然外部事象研究チーム

服部 康男

原子力リスク研究センター 自然外部事象研究チーム

キーワード [Keywords]
和文 英文
竜巻 tornado
ハザードモデル hazard model
被害域長さ damage length
竜巻強度 tornado intensity
原子力発電所 nuclear power plant
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.