財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Q05004
タイトル
蒸気タービンケーシング材のクリープボイド成長挙動の解明とそのシミュレーション
[Title]
Clarification and simulation of void growth behavior of a turbine casing material.
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
火力高温機器の経年化が進むなかで、補修コストの低減のためには、余寿命評価法の高精度化が必要不可欠である。本研究は、タービンケーシング材を対象に、クリープおよびクリープ疲労条件下のボイド成長挙動を明らかにするとともに、ボイド成長の定量的予測法について検討した。クリープおよびクリープ疲労条件ともに、寿命の10%程度で擬球状ボイドが同一粒界に複数個発生し、それらはき裂状ボイドに遷移して成長を続け、寿命の70%程度で微小き裂をとなることが明らかとなった。クリープ疲労条件下では、繰返し負荷の影響によりクリープ条件下に比べボイド成長速度が加速することが明らかになった。既に開発したボイド成長氏湯レーションプログラムをボイド発生の粒界によるばらつきを考慮できるよう改良した。同プログラムを用いて、クリープおよびクリープ疲労条件下のボイド成長挙動を定量的に予測することを検証するとともに、実機ケーシングの負荷履歴を想定し、ボイド成長挙動を予測した。
[Abstract]
To reduce maintenance cost of high temperature components in aged thermal power plants, it is necessary to improve accuracy of remaining life assessment methods. Purposes of this study are to clarify void growth behavior of a turbine casing material under creep and creep-fatigue loading conditions, and to discuss a quantitative damage assessment method. It was found that multiple spherical voids have initiated at around 20% of life on the same grain boundary, and those voids continued to grow by changing their shape to crack-like voids resulting in formulation of a micro crack at around 80% of life under both the creep and creep-fatigue conditions. A previous developed void growth simulation program was improved by considering scatter of grain boundary property. It was confirmed that void growth process under both creep and creep-fatigue conditions in the experiment was predicted quantitatively by the improved program. Prediction of void growth behavior under an assumed loading condition of an actual casing was also demonstrated.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2005
発行年月 [Issued Year / Month]
2006/04
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

緒方 隆志

材料科学研究所構造材料評価領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
火力高温材料 High-temperature materials used in thermal power plant
クリープ creep
クリープ疲労 creep-fatigue
ボイド成長シミュレーション void growth simulation
余寿命評価 remaining life assessment
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.