財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Q05014
タイトル
ジルコニア中の水素の安定状態の第一原理電子状態計算
[Title]
Electronic Structure Calculations of Hydrogen Stability in ZrO2
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
軽水炉燃料被覆管では、高燃焼度化に伴うジルカロイ中の水素の吸収と水素化物の形成、およびそれに起因する被覆管の脆化が問題となっている。被覆管外表面にはジルカロイと水との反応による酸化膜(ジルコニア)が形成され、低燃焼度域ではこのジルコニアが水素のジルカロイへの侵入を阻んでいるが、高燃焼度化によりジルコニア被膜を水素が透過するようになり、被覆管への水素の吸収がはじまる。この水素透過の理由の一つとして、高燃焼度化に伴うジルコニアの特性変化に起因する可能性が考えられるが、これまでに十分な研究がなされていない。本報告ではジルコニア中の水素の挙動について第一原理分子動力学方による計算機シミュレーションを実施し、ジルコニア単結晶中での水素の安定性及びジルコニア中に原子空孔が生じた際の水素の安定性について調べた。
[Abstract]
Zircaloy has been widely used for fuel clad materials but has some problems about hydrogen absorption, hydride formation and the hydrogen embrittlement after high burn-up. Zirconia which has been formed at the clad surface may stop the hydrogen insertion into the clad inside, but after high burn-up, the hydrogen becomes to pass this zirconia coat. This change of zirconia physical properties has not been studied yet. First principles electronic structure calculations are presented for the defect formation energy on the hydrogen insertions to investigate the hydrogen behavior in the zirconia. The VASP code based on the density functional theory is used to the calculations. We have found that the hydrogen can insert into Zr vacancy and make a bond to the nearest oxygen to be stabilized.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2005
発行年月 [Issued Year / Month]
2006/05
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

岩沢 美佐子

材料科学研究所構造材料評価領域

大沼 敏治

材料科学研究所構造材料評価領域

曽根田 直樹

材料科学研究所構造材料評価領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
燃料被覆管材 Fuel Clad Materials
水素脆化 Hydrogen Embrittlement
第一原理計算 First Principles Calculation
ジルコニア Zirconia
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.