財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Q07003
タイトル
高クロム合金鋼溶接継手におけるタイプIV損傷への超音波フェーズドアレイ法の適用性評価
[Title]
Applicability of Ultrasonic Testing to Type IV Damage in High Cr Alloy Steel Welds
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
高クロム合金鋼は超々臨界圧火力発電設備の高温高圧配管に使用されており、設備の経年化に伴い、溶接熱影響部のクリープによりタイプIV損傷が発生することが知られている。一度、損傷が微小亀裂に至ると、亀裂は限界深さに達し、最悪な場合、配管が噴破する。タイプIV損傷を初期の状態で検出する上で、超音波探傷試験は有望な非破壊試験法の一つである。本研究の目的は、検出レベルや効率の向上が期待できる超音波フェーズドアレイ法のタイプIV損傷に対する有効性を明らかにすることである。本報告では、タイプIV損傷を有する改良9クロム合金鋼溶接継ぎ手を用い、タイプIV損傷の非破壊試験法として同手法は十分有効であることを明らかにしたので報告する。
[Abstract]
High energy piping systems in fossil power plants typically operate at temperatures and pressures that are sufficient to initiate type IV damage. Type IV damage generally occurs near welds, typically at the fusion line or in the heat affected zone of the base metal in seam welded pipe. Once the damage has progressed to macro-cracking and a crack grows to the critical depth and becomes unstable at some point along the catastrophic failure of the entire length of the seam, it grows into degraded material and therefore tends to cause sudden, catastrophic failure of the entire length of the seam. Ultrasonic examination is one technique that helps detect type IV damage at stages early enough to implement corrective measures. This paper will discuss the future role that the phased array ultrasonic technology can play in improving ultrasonic detection levels and efficiencies. The phased array technology is applied to test samples of modified 9 Cr alloy steel welds with different degrees of type IV damage, in order to show the effectiveness of this technology in the nondestructive examination of type IV damage.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2007
発行年月 [Issued Year / Month]
2008/06
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

福冨 広幸

材料科学研究所 構造材料評価領域

西ノ入 聡

材料科学研究所 構造材料評価領域

緒方 隆志

材料科学研究所 構造材料評価領域

林 山

材料科学研究所 構造材料評価領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
高クロム鋼合金 High Chromium Alloy Steel
タイプIV損傷 Type IV Damage
非破壊試験 Nondestructive Examination
超音波探傷試験 Ultrasonic Testing
フェーズドアレイ法 Phased Array Technologies
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.