財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Q13004
タイトル
常圧アンモニア電解合成法の高収率化に向けた要素技術開発−H-共存下でのNH3溶解機構−
[Title]
Development of High Yield Ammonia Electrosynthesis Under Ambient Pressure- Dissolution behavior of NH3 under the presence of H- in the electrolyte -
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
塩化物系用塩中におけるアンモニア電解合成について、溶融中へのアンモニアの溶解および副反応の抑制が重要な課題である。水素ガス電極上で進行する水素ガスと電解浴中に溶解した窒化物イオン(N3-)の電解酸化反応は、電解プロセスの重要な要素反応であるが、供給した水素ガスの一部が電気化学反応によらず直接N3-と反応してハイドライドイオン(H-)を生成する可能性がある。H-が溶解した溶融塩中にアンモニアガスを通じると、水素発生を伴ってアンモニアが吸収されることが判った。LiH粉とアンモニアガスの反応と類似して、H-存在下ではNH3が溶融塩中に溶解することが明らかとなった。
[Abstract]
The suppression of NH3 dissolution in molten salt and of the side reaction is a key issue of the electrochemical synthesis of NH3 in a molten chloride system. The anodic reaction between hydrogen gas and nitride ion (N3-) in molten salts is one of the key reactions of the process. A portion of hydrogen supplied through the hydrogen gas electrode reacts with N3- non-electrochemically to form hydride ion (H-). When NH3 gas was supplied into a melt containing H-, a lead time was confirmed until being detected NH3 in out gas and H2 evolution was observed. This suggests that the dissolution of NH3 undergoes under the presence of H- in a melt, as in the case of solid/gas reaction between NH3 and LiH to form LiNH2 and H2.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2013
発行年月 [Issued Year / Month]
2014/04
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

芹澤 信幸

材料科学研究所 機能材料領域

竹井 勝仁

材料科学研究所

錦織 徳二郎

アイ’エムセップ株式会社

伊藤 靖彦

アイ’エムセップ株式会社

キーワード [Keywords]
和文 英文
アンモニア合成 Ammonia synthesis
溶融塩 Molten salt
溶解挙動 Dissolution behavior
H-イオン Hydride ion
間欠式電解 Intermittent electrosynthesis
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.