財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Q13009
タイトル
高い安全性を有するSN材の高温強度特性の評価
[Title]
Evaluation of Tensile Properties of Safety-Conscious Rolled Steels for Building Structure (SN Steels) at High Temperature
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
一般構造用圧延鋼材(SS材)は原子力プラントにおいて支持構造物等に広く使用されているが、溶接用材料としての条件が定められていない。その代替材の候補である建築構造用圧延鋼材(SN材)については、JIS規格に室温強度特性が規定されているに過ぎず、原子力発電設備規格の策定に必要となる高温強度特性は得られていない。本研究では、SN材4種類(SN400B、SN400C、SN490B、およびSN490C)、板厚2種類(40 mmおよび100 mm)のそれぞれについて、製造履歴の異なる3種の鋼材を用意し、室温から400Cの温度条件でJIS規格に準じた合計240本の引張試験を行った。強度特性の温度依存性は材料、板厚の違いによらず定性的にほぼ同じであり、鋼材の製造履歴による違いは小さかった。強度特性に及ぼすひずみ速度の影響、不純物元素(PおよびS)の含有量の影響は小さかった。SN400BとSN400C、SN490BとSN490Cをそれぞれ一括してトレンドカーブ(強度特性の温度依存性曲線)を決定できることを確かめた。
[Abstract]
Rolled steels for general structure (SS steels), which are provided in the Japanese Industrial Standard, are used for support structures in nuclear power plants. They do not have any necessary conditions as welding steels; therefore, alternative steels with good welding properties are required. Rolled steels for building structure (SN steels) are expecting to be candidate steels form their high weldability and toughness. In order to apply SN steels as structural materials, tensile properties must be consolidated, however, tensile data only at room temperature are provided in the Japanese Industrial Standard and those at high temperature are not adequately acquired so far. In this report, comprehensive tensile tests for SN steels were conducted at high temperature and the tensile properties were compiled. Three materials with different origins were prepared for four types of SN steels (SN400B, SN400C, SN490B, and SN490C) and two different plate thickness (40 mm and 100 mm), thus, 240 tensile tests were conducted under the temperature condition from RT to 400C. The effect of temperature on the yield stress or tensile strength was approximately similar in spite of the differences in the origins, material type, or plate thickness. The effect of strain rate on the tensile properties was small, and the effect of the contents of P and S on the tensile properties was also small.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2013
発行年月 [Issued Year / Month]
2014/04
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

三浦 直樹

材料科学研究所 構造材料領域

山崎 壮一

材料科学研究所 構造材料領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
建築構造用圧延鋼材 Rolled Steels for Building Structure
材料規格 Rules on Materials for Nuclear Facilities
高温強度 High-Temperature Strength
引張試験 Tensile Test
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.