財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
R04005
タイトル
住宅設備機器がつくりだす室内温熱環境の評価法の開発 -床暖房評価のための人体温熱生理応答モデル-
[Title]
Development of a numerical method for evaluating thermal environment in the floor heated space - Computer model of human thermo-physiological response accounting for heat gain by conductive heat flow from floor heated panels-
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
床暖パネルと人体の接触による熱伝導が、体内の血流など温熱生理応答(体温調節)に及ぼす影響を考慮しつつ、接触部の皮膚温度などを非定常的に模擬できるように、従来提案されている人体モデル(二層モデル)を改良した。床暖房された室内において被験者(青年女性5名)の接触部の皮膚温度等の計測実験を行った。この実験結果を基に、モデル定数のうち特に重要と判断した『接触部の重量比』および『皮膚層とコア層間の熱伝達率』を推定した。そして、本モデルにより被験者の着座後1時間程度の平均皮膚温、接触部温度上昇等を実用的な精度(実験結果に対してほぼ1℃程度の誤差)で模擬できることを示した。
[Abstract]
In this study, we improved the two-node model of the human body previously proposed to enable the simulation of factors such as skin temperature at the contact area in an unsteady manner by accounting for heat gain by conductive heat flow from floor-heated panels. An analysis that simulates the actual conditions more precisely was made possible by combining a three-dimensional thermal environment evaluation method and the human model. Then, we demonstrated that the average skin temperature after the subject had sat on the floor-heated panel for approximately one hour and the magnitude of the increase in skin temperature at the contact area can be simulated with an error of approximately 1oC with respect to the experimental results using the model.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2004
発行年月 [Issued Year / Month]
2005/03
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

宮永 俊之

システム技術研究所需要家システム領域

天川 章史

関西電力(株) エネルギー利用技術研究所

磯田 憲生

奈良女子大学 大学院人間文化研究科

キーワード [Keywords]
和文 英文
床暖房 Floor heating
温熱生理応答 Thermo-physiological response
二層モデル Two-node model
温熱快適性 Thermal comfort
熱伝導 Thermal conduction
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.