財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
R04014
タイトル
オープンソース・ソフトウェアの現状と導入時の留意点
[Title]
The Current State and Considerations for Introduction of Open Source Software
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
本報告書ではオープンソース・ソフトウェアと製品ソフトウエアの比較を行い、(1)プラットフォーム(OS、アプリケーションサーバ、データベース管理システム)の機能、サポート体制、(3)総所有コストについてほぼ同等のレベルにあることを示した。また、オープンソース・ソフトウェアは、詳細が公開された仕様・標準への準拠と独占的市場支配の困難さという、マルチベンダ化に適した特徴を持つ。オープンソース・ソフトウェアは製品ソフトウェアベンダによるユーザ囲い込みへの対抗手段として活用することにより有用性が高まる。その際の留意点は、以下の3点である。(1)プラットフォームやコンポーネント間のインタフェースの標準化や実装ガイドラインの整備と合わせて行うことが望ましい。(2)障害発生時の対応体制の整備が重要である。(3)仕様の決定や障害対応の際に主導的な意思決定できるよう技術的知識の蓄積が重要である。
[Abstract]
This report shows the comparisons of functions, support services and TCO (Total Cost of Ownership) between open source software and proprietary software and the proposal for introduction planning of open source software.Open source software and proprietary software are comparable in the following points:The functions of open source software meets the basic requirement for web applications. In areas of OS (Operating System), application server and DBMS (DataBase Management System), open source software and propietary software are comparable in functions.Major computer makers and system integrators offer options of open source software like Linux distributions. Within the options, open source software and proprietary software are comparable in support services.According to published comparison surveys, there is no clear evidence that open source software has TCO advantage over proprietary software.We recommend that open source software should be applied in conjunction with the standardization of platform for multi-vender solutions.Improvement of management system and accumulation of technical knowledge are important for multi-vendor solutions.The use of open source software is positioned as one of comprehensive efforts to make system construction and management technically independent of venders.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2004
発行年月 [Issued Year / Month]
2005/06
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

嶋田 丈裕

システム技術研究所情報システム領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
情報システム Information Systems
システム管理 System Management
総所有コスト Total Cost of Ownership
マルチベンダ化 Multi-vendor Solution
標準化 Standardization
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.