財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
R04023
タイトル
需要地系統用通信ネットワーク構成方式の提案
[Title]
Proposal for Configuration of Communication Network for Demand Area Power System
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
本報告書では、Ethernet-ADS方式とEthernet-PON方式を組み合わせた需要地系統用通信ネットワークの構成方式を提案している。その特徴は以下のとおりである。Ethernet-ADS方式は、冗長構成が必要である運用管理システム、運用管理サブシステム、区分開閉器ならびにループコントローラ間のリンクに適用している。Ethernet-PON方式は、接機器の増設対応が容易であり点から、需給インターフェイスと運用管理サブシステム間のリンクに適用している。セキュリティ確保やQoS制御のため、VLAN設定を行っている。 我々は、本構成提案に対し、シミュレーションならびに実機検証設備で検証を行い、本提案の有効性ならびに課題も示している。
[Abstract]
We propose the communication network for Demand Area Power System, that composes of Ethernet-ADS system and Ethernet-PON system. The special features of this network are as follows;1) Ethernet-ADS system is applied to the links, which connect Main Operation-system, Sub- Operation-system, Line-switch, and Loop-Power-Controller. 2) Ethernet-PON system is applied to the links between Sub-Operation system and Demand-Supply Interface through Ethernet-SW.3) This network is operated in VLAN mode for achieving security and quality of service. We have proven that our proposal is effective by simulation and experiments using actual facilities.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2004
発行年月 [Issued Year / Month]
2005/08
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

幸田 賀之

システム技術研究所通信システム領域

大谷 哲夫

システム技術研究所通信システム領域

宮下 充史

システム技術研究所通信システム領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
イーサネット Ethenret
需要地系統 Demand area power system
光ファイバ網 Optical fiber network
地絡事故 Ground fault
通信ネットワーク Comunication network
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.