財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
R05002
タイトル
瞬時電圧低下対策解析ツールの機能向上 -−負荷脱落特性の考慮と機器の拡充−-
[Title]
The function improvement of an analytical tool for voltage sag measures
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
需要家の実態に合わせた瞬低対策の解析ができるようにするため,需要家機器の脱落特性が考慮でき,瞬低対策機器の追加検討やフィーダー毎に瞬低対策機器を設置する対策効果の検討が可能となるように2つの瞬低対策機器の解析ができるように機能向上した。また,自己消弧型素子を用いたスイッチのモデルや電池特性を考慮した電池システムのモデルを新たに開発し,負荷の特性に応じた最適な瞬低対策機器の種類や容量の検討に活用できるように機器モデルを拡充した。
[Abstract]
Voltage dip measures can be analyzed according to customer's realities by improved an analytical tool based on EMTP because the dropout characteristic of the customer equipments can be considered. And Two voltage dip measures equipment can be analyzed as the result that users can examine the effect of measures of setting up the voltage dip measures equipment of an additional examination and each feeder of the equipment. Morever, as we newly develop the model of the switch that used the self-commutated devices t and the model of the battery system that considered the battery characteristic, the analysis tools can be used to examine the kind and the capacity of the best voltage dip measures equipment according to the characteristic of the load.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2005
発行年月 [Issued Year / Month]
2006/01
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

宜保 直樹

システム技術研究所需要家システム領域

竹中 清

システム技術研究所需要家システム領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
瞬時電圧低下 Voltage sag
需要家 Customer
脱落特性 Load rejection
EMTP EMTP
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.