財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
R05011
タイトル
ループコントローラ導入の経済性分析 -需要の不確実性に対する対策コスト評価-
[Title]
Economic Analysis of Loop Controller Application - Cost Evaluation under the Uncertaities in Demand -
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
ループコントローラ(LPC)は,従来放射状構成をとる配電系統を適切な地点でループ化する機器であり,分散型電源連系時の系統電圧制御やネットワーク潮流の均等化,さらには瞬時電圧低下補償などの多様な電力品質調整を実現できる。LPCの導入には,分散型電源の有効活用やローカルな需要増への対応など,配電系統の主要課題に対する解決策として,LPC適用の経済合理性を,さまざまな不確実性要因を考慮した上で,定量的に例証することが重要となる。 このような背景から,ローカルな需要増への対応を例に,配電線増強対策との比較に基づく,LPCの経済性評価を実施した。LPCによる対策コスト算定には,当所開発のLPC設置点最適化手法を活用した。実規模の配電モデル系統を対象に,需要増の空間的,時間的パターンの不確実性を考慮した対策コストの試算・分析を行うことで,需要増パターンに対するLPC対策の経済的メリットを明らかにした。
[Abstract]
Loop Power Controller (LPC) is a looping device at the adequate point in a distribution system which is usually operated with the radial configuration. It can achieve various power quality improvements such as system voltage control when incorporating dispersed generations, balancing control of distribution feeder loadings and high speed compensation of voltage sag. To realize extensive use of LPC, it is needed to prove quantitatively the economic validity of LPC application as a solution to the distribution system related problems. Various uncertainties should be considered in these discussions.In the above context, we have done a economic evaluation of the LPC application, when compared to the distribution line and transformer expansion, to cope with a local demand increase. The LPC planning method to optimize LPC location and capacity is utilized to calculate the LPC installation cost. Economical advantage of the LPC application has been clarified with the analysis of installation cost and cumulative annual expense. A distribution system model used in this analysis has similarity with an actual system in network scale. To derive general conclusions, the effect of the uncertainties of demand increase in location, quantity and time pattern has been widely discussed through parametric analyses.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2005
発行年月 [Issued Year / Month]
2006/05
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

高崎 昌洋

システム技術研究所需要家システム領域

椎名 孝之

システム技術研究所情報システム領域

岡田 有功

システム技術研究所需要家システム領域

清水 康広

システム技術研究所電力システム領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
配電系統 Distribution system
潮流制御 Load flow control
系統電圧調整 System voltage regulation
ループコントローラ Loop power controller
流通設備計画 Network equipment planning
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.