財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
R06004
タイトル
大規模な電力用IPネットワークへのMPLSの適用における論理パス構成法の提案
[Title]
Proposal of Logical Path Architecture on the Application of MPLS to Large-scale Utilities IP Networks
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
当所では、MPLS(Multi-Protocol Label Switching)を適用した信頼性の高い電力用IPネットワーク構成法を提案してきた。MPLSを用いたIP-VPN(IP Virtual Private Network)を導入することでセキュリティの高い通信を行うことが可能となることから、その適用範囲は広がると考えられる。しかし、大規模ネットワークでは、論理パスに用いるTE(Traffic Engineered)トンネルによるネットワークの性能限界の超過や障害時の経路切り替え時間の増加が懸念される。
本報告では、大規模な電力会社を想定したネットワークモデルを用いて、必要なTEトンネル数の評価を行った。この結果、必要なTEトンネル数を削減する必要があることがわかった。このため、必要なTEトンネル数の削減を可能とする論理パス構成法を提案する。本手法では、多段接続したTEトンネルを使用して論理パスを構成する。TEトンネルが隣接するTEトンネルに対してIPパケットを転送できることが必要となる。そこで、TEトンネルの出口においてIPパケットを可能とするために、「LDP over TEトンネル」の適用を検討した。最後に、本手法について市販のMPLSルータを用いた試験用ネットワークで評価を行った。その結果より、「LDP over TEトンネル」を用いて多段接続したTEトンネルは、大規模な電力用IPネットワークの論理パスとして適用可能であることを確認した。
[Abstract]
We have been proposing reliable MPLS-based IP network architectures for utility communications. As IP-VPN with MPLS can offer secure communications, it is conceivable that MPLS is widely deployed. However, there is concern that TE(Traffic Engineered) tunnels used for logical paths would exceed the performance limits of network or the convergence time of path protection would increase on the large-scale network, which consists of great many facilities.
In this report, we estimated the number of required TE tunnels with the network model, which is assumed to consist of facilities of a large-scale electric power utility. This result indicates that the number of required TE tunnels must be reduced. For this purpose, we propose a logical path architecture, which can reduce the number of required TE tunnels. This architecture configures logical paths with cascade TE tunnels. Each TE tunnel is required to forward IP packets to the neighboring TE tunnel. Therefore, we investigated the applicability of "LDP over TE tunnel" to forwarding IP packets at the routing point between TE tunnels. Finally, we examined this method with an experimental network using commercial products of MPLS router. As a result, we confirmed that cascade TE tunnels which are applied "LDP over TE tunnel" are applicable to logical paths for large-scale utilities IP networks.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2006
発行年月 [Issued Year / Month]
2007/05
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

水上 和久

システム技術研究所 通信システム領域

山下 悟郎

システム技術研究所 通信システム領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
電力用通信 Utility communication
MPLS Multi-Protocol Label Switching
IP-VPN IP Virtual Private Network
TEトンネル Traffic Engineered tunnel
LDP Label Distribution Protocol
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.