財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
R07025
タイトル
自然災害時における配電設備の最適復旧ルート計画策定手法
[Title]
An Optimal Route Planning Method for Emergency Restoration Work in Natural Disasters
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
本報告では,地震や台風などの自然災害が発生した際に実施する,復旧作業の計画策定を支援するために,各復旧作業班が復旧作業を行っていく被害箇所の順序(復旧ルート)を求める「最適復旧ルート計画策定手法」について述べる。開発した手法は,各営業所に配備された復旧作業班に対し,供給エリア全体での停電電力量が最小となる最適な復旧ルートを求める。また,復旧ルートの探索において,復旧作業の開始/終了時間に関する制約条件を考慮することにより,優先復旧や台風被害なども扱うことが可能になった。
[Abstract]
When a large-scale disaster such as an earthquake or a typhoon occurs, some damage to the widespread electric power distribution equipments is unavoidable. To repair all the damaged equipments as quickly as possible, it is necessary to make an efficient restoration route plan which minimizes unserved energy. This report proposes an optimal route planning method for emergency restoration work in natural disasters. We formulate the restoration route planning problem as multi-depot vehicle routing problem with time windows (MDVRPTW), in which a set of routes for restoration work teams based on several offices must be determined for a number of damaged distribution equipments (e.g., feeders). In MDVRPTW model, the earliest starting time and/or the latest finishing time of each restoration work can be considered as the time window constraints. The solution approach includes two phases: 1) route construction and 2) route improvement. Initial restoration routes are constructed using the insertion heuristic, and then six local search procedures are repeatedly applied to initial routes to obtain better routes. Computational experiments with about 700 damaged feeders show that the proposed planning method can find the near-optimal restoration routes within five minutes. As a result of some case studies, the applicability of the proposed method was confirmed.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2007
発行年月 [Issued Year / Month]
2008/07
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

渡邊 勇

システム技術研究所 情報システム領域

所 健一

システム技術研究所 情報システム領域

上村 敏

システム技術研究所 需要家システム領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
自然災害 Natural Disaster
応急復旧 Emergency Restoration
停電電力量 Energy Not Supplied
配送計画問題 Vehicle Routing Problem
局所探索法 Local Search
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.