財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
R07028
タイトル
プライバシーを保護した需要データ収集・共用方式の開発(その1)−需要データ収集・需要特性算出方式−
[Title]
Development of Privacy Preserving Data Gathering and Sharing Method for Energy-Demand (Part1)-demand-data gathering and demand-property calculation-
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
需要家のプライバシーを保護したデータの収集と需要特性の算出方式として需要家のデータ提供条件に応じて2種類の方式を開発し,その評価を行った.1つは需要家のデータの完全な秘匿を可能とする方式であり,もう1つは需要家の匿名性のみを確保する方式である.これらの方式は,本人のデータを他人に知られることなく総和を計算する「セキュア総和計算手続き」に基づいており,その基本的性能の評価も行われている.

[Abstract]
To promote energy savings at home efficiently the evaluation of energy equipments based on actual variety of customers' energy usages are necessary. However, it is difficult to get actual demand data from many customers and to use the gathered data publicly because of the customers' concern of privacy. To gather many publicly-usable energy demand data, we propose a new method for data gathering and calculation of data-characteristics with cryptographic protocol. The proposed method is actually implemented and the basic performance is evaluated in terms of effect assessment with high-traffic state. Using the proposed method, an anonymous data gathering and a clustering method are also proposed.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2007
発行年月 [Issued Year / Month]
2008/07
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

佐野 夏樹

システム技術研究所 情報システム領域

篠原 靖志

システム技術研究所 情報システム領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
プライバシー保護 Privacy Protection
データベース Database
データ共有 Data Sharing
暗号通信 Cryptographic Communication
データマイニング Data Mining
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.