財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
R07031
タイトル
複数の動揺モードを自動的に合致させるハイブリッド型系統縮約手法の開発
[Title]
Development of Hybrid System Reduction Method - Proposal of automatic adjusting multi oscillation modes-
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
ARMAモデルを用いて縮約前後の動特性を合致させるハイブリッド型系統縮約手法を提案及び開発する。これにより主要な動揺モードとその固有ベクトルを同定することが可能となり、縮約後系統にて調整すべき発電機を選定することができる。また動特性を合致させるため、調整用発電機の慣性定数,及び備え付けられた励磁系のAVR定数,PSS定数を調整する。これにより定数調整のための計算回数を大幅に改善することが可能となった。電気学会WEST30機系統モデルを用いた試算結果より提案手法の有効性を確認することができた。
[Abstract]
In order to analyze transient stability of large-scale interconnected power systems, it is advantageous to apply system reduction techniques to external systems. However, because this method does not take characteristics of generator control system into account, it requires much effort to obtain reduced external model, which preserves dynamic characteristics of overall interconnected networks. In this paper, a hybrid system reduction scheme is developed, adjusted multi oscillation modes automatically. This method applies the ARMA (Auto-Regressive Moving Average) model, a kind of time series analysis technique to identify oscillation relationship each generator. And, reduced generator control parameters are adjusted with using an eigenvalue sensitivity to get identical the dynamic characteristics. Numerical examples show the proposed method can obtain reduced model which is suitable for transient stability analysis, even if there are multi oscillation modes.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2007
発行年月 [Issued Year / Month]
2008/07
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

小関 英雄

システム技術研究所 電力システム領域

吉村 健司

システム技術研究所 電力システム領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
電力系統 Power System
安定度 Stability
系統縮約 System Reduction
ARMAモデル ARMA Model
クロススペクトル Cross Spectrum
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.