財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
R08008
タイトル
自然災害時における配電設備の応急復旧作業班の最適配置手法
[Title]
An Optimal Allocation Method of Restoration Teams for Emergency Restoration Work
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
本報告では配電設備の応急復旧を対象に,復旧ルート計画だけでなく,各営業所への作業班の配置まで含めた最適な復旧作業計画を策定する手法について論じる。開発した手法は,作業班の配置案に基づく復旧ルート計画の策定と,得られた復旧ルートに基づく作業班の再配置を繰り返し計算することで,供給エリア全体での停電電力量の最小化を図る。その際,複数の被害ケースを用いて作業計画案を評価することで,被害想定のばらつきにも対応可能な作業計画の策定を可能にしている。数値実験の結果,作業班の配置まで考慮することで,各営業所に均等に配置した場合と比較して,供給エリア全体での停電電力量を低減できることを確認した。
[Abstract]
When a large-scale disaster such as an earthquake or a typhoon occurs, some damage to the widespread power distribution facilities is unavoidable. To repair all the damaged facilities as quickly as possible, it is necessary to make an efficient restoration work plan which minimizes unserved energy. We have already proposed an optimal route planning model for emergency restoration work, but this model assumes the restoration teams will be uniformly allocated to all base offices. To map out more efficient restoration work plan, it is important to optimize an allocation of restoration teams.
This report proposes an optimal allocation method of restoration teams for emergency restoration work. In the proposed method two procedures are iteratively repeated to minimize unserved energy: 1) determination of restoration routes and 2) reallocation of restoration teams. This iterative computation progressively changes the allocation of restoration teams into the better one. Moreover, many damage cases are used to evaluate each allocation plan in case of various damage situations. Computational experiments with 50 base offices and 250 restoration teams show that the proposed allocation method can find the near-optimal allocation of restoration teams. As a result of some case studies, the effectiveness of the proposed method was confirmed.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2008
発行年月 [Issued Year / Month]
2009/04
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

渡邊 勇

システム技術研究所 情報数理領域

所 健一

システム技術研究所 情報数理領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
自然災害 Natural Disaster
応急復旧 Emergency Restoration
配電設備 Power Distribution Facilities
最適配置 Optimal Allocation
復旧ルート計画 Restoration Route Plan
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.