財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
R08010
タイトル
多針アナログメータ自動読み取りソフトウェアの実用性向上 −初期設定の簡易化と精度向上−
[Title]
Improvement of automatic reading analog meter software - Simplification of initial setting and improvement of reading accuracy -
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
遠隔地に設置された電力設備の油温計や油面計、圧力計などの回転型アナログメータには、データ伝送機能のないメータが多数存在する。そのため、現在は作業者が現場に赴いて、これらのメータを監視・記録している。また近年、これらのメータ値を高頻度に記録することでトレンドを管理し、機器の状態保全に役立てたいという要求も生じており、メータの指示値を自動的に読み取る方法が求められている。そこで当所では、既設の監視カメラや、低コストに設置できるIPカメラを用いて、アナログメータを撮影した画像から、自動的に指示値を読み取るソフトウェアを開発した。しかしこのソフトウェアには、多針メータを対象とした場合の初期設定方法に課題があった。このソフトウェアでは、多針メータに対し、針の色の違いを用いて針同士を区別している。しかし、針の色は朝夕、また天候の変動により変化するため、色を区別する設定パラメータは、そのような様々な状況においても正しく針同士を区別できるように設定する必要がある。安定した指示値の読み取りには、ソフトウェアのメカニズムや照明変動に通じた、勘と経験による設定が必要となり、設定者によって読み取り精度が大きく異なる場合がある。そこで本報告では、この設定方法を改良し、誰でも簡単に設定できる手法を提案した。また、実際に変電所で撮影した油温計の画像8649枚を用いた評価を行い、手法の有効性を示した。
[Abstract]
A number of analog meters are attached to electric power facilities for checking the internal state of the apparatus. Field engineers currently have to read many of those meters with their eyes, since the meters don't have telemetering function. Adding the conventional telemetry mechanism to the equipment needs high cost and reconstruction, therefore a low cost and easy method for telemetry was needed. To achieve this function, we have developed an automatic reading software of the analog meters using digital images that are taken by a low cost network camera. This software is planned to be used in many real power transmission centers, however there is a problem of initial settings. In the case of handling the meters with multiple needles, our software has the function which can distinguish them by color of needles. The manual configuration of the distinguish function was difficult because user has to setup the parameters in consideration of time and seasonal change of the lighting conditions of the spot. In this report we propose an automatic configuration method of the color setting using a machine learning technique. We have evaluated our method by using 8,649 images of an oil thermometer of a power transmission. The result shows that proposal method is easy to setup the parameters, moreover it has achieved high precision of metering in comparison with the case using the conventional setting function.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2008
発行年月 [Issued Year / Month]
2009/07
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

伊藤 憲彦

システム技術研究所 情報数理領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
設備保守 Apparatus maintenance
画像処理 Image processing
パターン認識 Pattern recognition
フーリエ変換 Fourier transform
サポートベクターマシン Support vector machine
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.