財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
R08026
タイトル
蓄電池併設ヒートポンプ式給湯機のユニット構成最適化ツールの開発と蓄電池の限界コスト試算
[Title]
Development of an optimizing unit configuration tool for heat pump water heater systems with a storage battery and marginal cost estimation of battery
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
ヒートポンプ式給湯機には,省スペース機器の開発が望まれており,このためにはタンクの小型化(小容量化)が必要となる。しかし,小容量タンクで湯切れさせないためには,電気料金の高い昼間に湯を追加する必要が生じ,給湯に費やされる電気代が増加する場合がある。そこで,併設した蓄電池に蓄えた深夜電力で昼間に湯を追加する「蓄電池併設ヒートポンプ式給湯機」が検討されている。この蓄電池併設ヒートポンプ式給湯機のユニット(ヒートポンプ,貯湯タンク,蓄電池)の構成を最適化するツールを開発し,蓄電池併設ヒートポンプ式給湯機に用いる蓄電池の限界コストを試算する。
[Abstract]
There is a need for downsizing of heat pump water heaters, and decreasing of tank capacity is necessary for the downsizing. However, decreasing of tank capacity often increases electricity costs because heat pump has to run using expensive electricity during the day to avoid running out of hot water. Thus, "heat pump water heater with a storage battery," which runs using the charged electricity during the day, is investigated to reduce electricity costs. In this paper, we develop an optimizing configuration tool that finds the economical combination of heat pump, storage tank, and storage battery, in order to estimate a marginal cost of battery attached to the heat pump water heater system.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2008
発行年月 [Issued Year / Month]
2009/06
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

所 健一

システム技術研究所 情報数理領域

池谷 知彦

材料科学研究所 先進機能材料領域

三田 裕一

材料科学研究所 エネルギー変換・貯蔵材料領域

長谷川 浩巳

エネルギー技術研究所 エネルギー変換工学領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
ヒートポンプ式給湯機 Heat pump water heater
蓄電池 Storage battery
小型化 Downsizing
限界コスト Marginal cost
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.