財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
R11007
タイトル
ギャロッピング観測ビデオにおけるターゲット自動追跡―視界不良時の遠方ターゲット自動追跡手法―
[Title]
Target Tracking Method for Galloping Phenomena-Estimation of Candidates of Target Position without Transition Probability of Target Position-
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
豪雪時にもギャロピング映像分析手法を開発している.開発手法は,電線につけたターゲットの動き情報をあらかじめ得ていれば高精度に追跡可能である.分析初期時にどのようにターゲットの動き情報を作成するかが重要な問題であった.そこで,フレーム間差分を使って擬似的なターゲットの軌跡を作成し,擬似的軌跡とフレーム間差分を組み合わせて,擬似的な動き情報を作成する手法を開発した.擬似的動き情報を使った場合でも,あらかじめ得た動き情報を使った場合に比べ2.9%追跡精度の低下にとどまり,擬似的動き情報でも代替できる見通しを得た.
[Abstract]
We have developed target tracking for analysis of videos of galloping phenomenon. If there is transition information of the target in advance, the tracking method can perform fairly well. The problem is how to get the information at initial stages. In order to solve the problem, instead of transition information, quasi-transition information has been developed. The quasi-transition information is generated by quasi-locus of target, which is made by integral of inter-frame differential images. Target tracking performance by the quasi-transition information is 2.9 % less than the target tracking performance by transition information in advance. This means quasi-transition information replaces transition information in advance.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2011
発行年月 [Issued Year / Month]
2012/06
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

石野 隆一

システム技術研究所 情報数理領域

松宮 央登

地球工学研究所 流体科学領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
ギャロッピング Galloping
送電線 Transmission Line
物体追跡 Object Tracking
粒子フィルタ Particle Filter
画像処理 Image Processing
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.