財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
R11023
タイトル
業務用電化厨房にふさわしい換気設計手法に関する研究(その3)排気フードの捕集率に及ぼす擾乱発生板の移動頻度と速度の影響
[Title]
Research on optimal design of commercial kitchen ventilation Part3. Study on relationship between intensity of air disturbance and capture efficiency of exhaust hood
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
厨房内では、調理者の移動などがあるので、空気の乱れ(気流擾乱)が生じる。厨房換気の研究において、気流擾乱の擬似発生方法があり、そのなかには人体を模擬した板(擾乱発生板)を調理機器の前で、長時間繰り返して動かす手法(Nordtest Method VVS088)がある。ところが、実厨房における調理者が調理機器の前を横切る頻度と速度を調査した既往研究によると、Nordtest Method VVS088で規定されている擾乱発生板の移動頻度と速度(1分15回、0.5m/s)と、厨房における調理者の横切り発生頻度と速度(5分16回、1.2m/s)は異なっている。そこで、本報告では、擾乱発生板の移動頻度と速度をパラメータとして、排気フードの捕集性能に及ぼす擾乱発生板の移動頻度の影響を明らかにした。その結果、揚げ物器では、ノルドテストに基づき擾乱発生板を動かすと、捕集率は70%になるのに対して、実厨房の横切り頻度と速度に基づいて、擾乱発生板を動かすと、捕集率は92%となった。以上から、ノルドテストの手法で生じる気流擾乱は、実厨房で調理者の横切りによって生じる気流擾乱よりも強い可能性が示唆された。
[Abstract]
The purpose of this research is to make clear the relationship between the intensity of air disturbance in commercial electric kitchen and the capture efficacy of exhausted hood in commercial electric kitchen. We prepared and set up the air disturbing source which consists of a 0.5m wide and 1.0m high plates with its center 1.0m above the floor referred from the Nordtest method VVS 088. It enables us to move the plate automatically from one position to the other position repeatedly. We also are able to control the velocity and the stop time of the plate. The movement frequency of the plate is drastically influence on the capture efficiency of exhausted hood. The more movement frequency of the plate is high, the more capture efficiency of exhaust hood becomes low. When the plate moves in front of a fryer every 20second with a velocity of 1.2m/s, the capture efficiency of exhausted hood is approximately 92 percent under the ventilation rate of 490m3/h. On the other hand, the plate moves every 4second, the capture efficiency is approximately 70 percent under the same ventilation rate.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2011
発行年月 [Issued Year / Month]
2012/03
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

岩松 俊哉

システム技術研究所 需要家システム領域

占部 亘

システム技術研究所 需要家システム領域

宮永 俊之

システム技術研究所 需要家システム領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
業務用厨房 Commercial Kitchen
換気 Ventilation
捕集効率 Capture Efficiency
トレーサガス法 Tracer Gas Method
気流擾乱 Air Disturbance
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.