財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
R13014
タイトル
スマートメータ用電波伝搬エリア設計支援ツールの開発
[Title]
A development of the radio cell planning tool for smart meter communications
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
本報告は,既開発した地域種別電波伝搬モデルを利用し,スマートメータ用電波伝搬エリア設計支援ツールの開発について取りまとめた。ツールの設計概念,提供機能,構成について述べ,評価例を用いてツール性能の検証を行った。また,集約装置の置局設計時におけるツールの活用場面について整理した。
[Abstract]
This report presents a development of the radio cell planning tool based on propagation path loss models for smart meter communications. First, the propagation characteristics for smart meter communications are introduced, and which should be considered under various combinations of conditions comprising area characteristics, communication ranges, meter installation environment and frequency bands. Second, the concept and function of the tool are described, and which contain the evaluation of coverage areas, the number of connectable meter and estimation of received power for each meter, etc. Finally, the accuracy of estimated power is evaluated. It is believed that the radio cell planning tool can be used as an indicator for evaluation of coverage areas and selection of concentrator candidate locations.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2013
発行年月 [Issued Year / Month]
2014/06
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

土屋 弘昌

システム技術研究所 通信システム領域

宮下 充史

システム技術研究所 通信システム領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
スマートメータ Smart meter
置局設計 Radio cell planning
電波伝搬 Radio propagation
伝搬特性 Propagation characteristics
伝搬モデル Propagation model
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.