財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
R13018
タイトル
PCSを用いた太陽電池モジュールの故障判定(その2)−PV用PCSを用いたI-V計測による判定法の実証−
[Title]
Failure Detection of PV Modules by Power Conditioning System (Part 2) - Demonstration of Failure Detection Method by measuring I-V Characteristics with Power Conditioning System for PV System -
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
太陽光発電(PV)システムは、屋外環境下で長期にわたり使用されるため、故障や劣化の事例も報告されている。しかし、家庭ではPVシステムの点検を行うことは困難であり、大規模なPVシステム(メガソーラー)では現地での保守・診断に多大な労力を要するため、PVアレイの故障や劣化を検出する簡便な診断技術が望まれている。前報では、PVアレイI-V特性によりバイパスダイオードが動作するモジュール故障の有無を検出する方法を提案し、I-V計測装置を用いた実験とシミュレーションにより有効性を検証した。本報告では、既提案の故障判定手法の実用化に向けて、市販のPV用PCSを用いたI-V計測による故障判定を結晶系シリコン太陽電池モジュールを対象に実証した。また、故障判定に必要となる計測仕様条件を明らかにした。
[Abstract]
In recent years, large capacity of photovoltaic (PV) power generation has been installed in the power system. PV systems are used in outside locations for a long time, therefore there are some cases of failure or degradation of PV systems. On the other hand, present on-site maintenance of PV systems takes a lot of work. Therefore, convenient failure detection method of PV systems is expected. In the previous report, failure detection method with second order differential of I-V characteristics was proposed and verified by simulation analyses and experimental tests. In this report, the proposed failure detection method is demonstrated by measuring I-V characteristics using a commercial power conditioning system for PV system. In addition, the required specifications for measuring I-V characteristics are shown by the experimental results. If the sampling speed of the measurement is faster than or equal to 20 msec, a failure of PV module can be detected by the proposed method. And, if the sampling speed is faster than or equal to 1 msec, a partial shadow can be separated from the module failures.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2013
発行年月 [Issued Year / Month]
2014/06
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

八太 啓行

システム技術研究所 需要家システム領域

小林 広武

システム技術研究所 需要家システム領域

宮下 茂

システム技術研究所 需要家システム領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
太陽光発電 Photovoltaic Generation
太陽電池モジュール PV Module
故障判定 Failure Detection
パワーコンディショナ Power Conditioning System
I-V特性 I-V Characteristic
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.