財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
R13019
タイトル
PV用PCSの無効電力制御によるSVC容量低減効果のシミュレーション評価
[Title]
Evaluation of Decreasing Effect for the SVC Capacity by Reactive Power Control using Power Conditioning System of PV
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
太陽光発電(PV)大量導入時には、PVの変動が大きくなり、速い変動に応答するSVCの必要容量が増加する懸念がある。前報では、速い変動をPV用PCSが分担し、ゆっくりとした変動に対応するSVRと協調することにより、SVCの容量を低減できるPV用PCSの無効電力制御方式を提案した。提案方式は、SVR非設置配電線においても、変電所の負荷時タップ切替変圧器(LRT)のLDC制御と協調できる可能性があるため、変電所LRTを考慮したシミュレーション評価を行った。この結果、SVR非設置配電線において、ある程度のPV導入量があれば、提案制御により変電所LRTのLDC制御と協調できることを明らかにした。また、SVR設置配電線では、変電所LRTがLDC制御を行う場合にも、SVRと協調してSVC容量を低減できることを明らかにした。
[Abstract]
In recent years, large capacity of photovoltaic (PV) power generation has been installed in the power system. When a large number of PV power generations are installed in the distribution system, it is expected that distribution line voltage will be controlled by control equipment such as SVR and SVC. Although, if the fluctuation of the PV output becomes larger, SVC may be required because the fast voltage fluctuation cannot be controlled by only SVR operation. In the previous report, a reactive power control method in proportion to the PV output change was proposed. The proposed method may be effective with LRT at substation, which is controlled by the LDC control. In this report, the required capacity of the SVC is evaluated by the simulation analyses, in case large capacity of PV systems will be installed in the distribution system. By the simulation results, it is shown that the capacity of the SVC was reduced by the proposed method at the distribution line without SVR. In addition, the effect of the proposed method is larger if the installed PV capacity becomes larger in the other distribution feeders of the same bank.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2013
発行年月 [Issued Year / Month]
2014/07
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

八太 啓行

システム技術研究所 需要家システム領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
配電系統 Distribution System
太陽光発電 Photovoltaic Generation
無効電力制御 Reactive Power Control
SVC SVC
LRT LRT
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.