財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
R13021
タイトル
電力流通設備の保守・更新計画調整プログラムの改良 −多面的評価機能の組み込みによる実用性の向上−
[Title]
Improvemet of Adjustment Program of Maintenance and Replacement Plans for Transmission Equipments -Enhancement of Practical Utility by Multi-evaluation-
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
流通設備の高経年化への対応として,戦略的な保守・更新計画の策定が求められており,当所では,個々の保守・更新の初期計画が与えられた場合に,系統全体で整合の取れた形に計画を調整するプログラムの開発を行っている。本報告書では,既開発プログラムの実務への適用性を向上するために,経済性および供給信頼度も含めた多面的な評価に基づく計画検討が行えるよう改良を行った。計画の調整を行う最適化計算において,コストおよび供給支障リスクの大きさと年度ごとのばらつきを評価項目に追加し,各評価項目の重み付け和を指標に用いて,指標値が最小となる計画を得るようにした。これにより,ユーザーが考える評価項目の重要性に応じて重みを設定することで,ユーザーの評価方針に合わせた計画検討が可能となった。
モデル系統を用いた試算では,重みを明確に設定することが難しい場合でも,各評価項目に対する重みを変化させることで,評価項目間のトレードオフや他の評価項目に対する影響度合いなどを把握することができ,実用性のある計画検討が可能となることを確認した。
[Abstract]
To make effective equipment investments under the conditions of the aging transmission equipment and large penetration of renewable energy, coordination between system upgrade plans and replacement plans becomes important. Therefore, we have developed an adjustment program of maintenance and replacement plans considering system upgrade plans. Adjusted plans are the closest to original plans, which satisfy constraints.
In this report, factors other than the closeness to original plans are introduced to adjustment process to make the program more practical. The newly introduced factors include total cost, annual cost volatility and outage risk level. Combination of the factors is used as an index in adjustment process, and adjusted plans are obtained by solving an optimization problem which minimizes this index. By picking out specific factors to be focused on, the plan which is closely-matched to planner's policy can be obtained.
The usefulness of the improved program is shown by numerical examples using a model system.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2013
発行年月 [Issued Year / Month]
2014/07
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

竹原 有紗

システム技術研究所 電力システム領域

永田 真幸

システム技術研究所 電力システム領域

栗原 郁夫

システム技術研究所

花井 悠二

システム技術研究所 電力システム領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
電力システム Power Sytem
アセットマネジメント Asset Management
保守計画 Maintenance Planning
更新計画 Replacement Planning
供給信頼度 Supply Reliability
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.