財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
R14001
タイトル
利用者のトレーニング履歴を取り入れた危険予知トレーニング用ITツールの開発−プロトタイプ開発と業務用車両安全運転への適用−
[Title]
Development of a hazard perception training IT tool using human-based computation - Prototype development and application to safe driving of business-use vehicles -
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
現場で撮影したビデオ映像を用いて、簡単に危険予知トレーニングができるITツールを開発した。開発ツールでは、従来課題であったトレーニング用コンテンツ作成の手間を軽減するため、利用者のトレーニング履歴を活用した可視化を活用する。ツールを安全運転教育に適用し19名の被験者の約42%が自分の注意不足に気づいた。また履歴データ分析から安全運転上注意すべき点を自動抽出できる可能性が見出された。
[Abstract]
In the electric power companies, the improvement of safety education training is tackled every day for eradication of human error accidents, and the improvement in safety consciousness of workers. On the other hand, the practical use of interactive video training tools for safety education on PC, tablets and smart phones have been started. However, there is a problem that creation of training materials takes time and effort. To solve this problem, we have developed a novel video training tool for safety education, which can be used only by preparing recorded videos. Our tool is based on human computation paradigm, and the value of teaching materials is increased by the use of many users. Our tool utilizes crowd of human knowledge as the answer of teaching materials. The tool was applied to an experiment about safe driving education. 19 subjects (0 to 35 years of business-use drivers) of the experiment tried to use the tool. The result of unsigned questionnaire for the subjects reports usefulness and enjoyment of the tools. It also reveals that 42% of subjects have noticed insufficiency of their own safety knowledge. The result of users' recorded large number data indicates that they have caught appropriately the point which it should be careful of for safety driving.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2014
発行年月 [Issued Year / Month]
2014/10
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

堤 富士雄

システム技術研究所 情報数理領域

三浦 輝久

システム技術研究所 情報数理領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
安全教育 Safety education
危険予知トレーニング Hazard perception training
ヒューマンコンピューテーション Human-based computation
安全運転 Safe driving
集合知 Collective intelligence
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.