財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
R15008
タイトル
変電所設備保全センサネットワークの構成手法 −無線通信とプラグアンドプレイ機能の連携方法改良−
[Title]
A Construction Method of Sensor Network for Substation Facility Maintenance - An Improved Method for Cooperating Wireless Communication and Plug-and-Play Function -
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
高経年化が進む電力設備の適確な保守・運用には,多数のセンサから得られる詳細な状態監視データが必要となるため,それらセンサの接続や設定にかかわる作業の効率化が重要となる。このため,センサを容易に接続するネットワーク(無線センサNW)と,状態監視ソフトウェアの設定を容易にするプラグアンドプレイ(PnP)機能を開発すると共に,それらを用いたプロトタイプの作成と室内での動作確認を行った1)。実際の環境で利用するためには,変電所のようにセンサノード間の距離が長く遮蔽物が存在しうる使用環境でも,滞りなく一連の設定が終了し保全データの測定が開始される必要がある。そこで本報告では,プロトタイプを変電所に設置し,測定開始に要する時間を評価する。また,必要に応じてプロトタイプの改良を施すと共に,その効果を評価する。プロトタイプを当所赤城試験センターの変電所に設置し,センサノードの起動から測定開始までの時間を計測したところ,情報量の多い状態監視データ2)の伝送がない場合でも長時間(10分以上)を要する場合が多発した。動作の分析により,PnP機能の処理3) に起因する無線センサNWの通信トラヒック大量発生が原因であることを明らかにした。そこで,無線センサNWにおける通信トラヒックを抑制するために,無線センサNWとPnP機能の連携方法を改良した。その結果,状態監視データが伝送されなければ数十秒で測定を開始した。
[Abstract]
Maintenance support systems (MSS) monitoring conditions of facilities are indispensable for condition-based maintenance (CBM). A sensor network is used to acquire maintenance data in the MSS, and installation of the sensor network should be simple and easy to execute maintenance tasks in a cost-effective way. Therefore, this report sets a proposal of an autonomous configuration function of the systems that makes the installation simple and easy. This function is composed of wireless sensor networks, plug-and-play function configuring software modules, and cooperative procedure between them. This paper also shows evaluations of the proposed function that is feasible for practical maintenance work. The evaluations have been executed using a prototype system implementing the elements of the proposed function
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2015
発行年月 [Issued Year / Month]
2016/08
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

大谷 哲夫

システム技術研究所 通信システム領域

宮下 充史

システム技術研究所 通信システム領域

黒野 正裕

システム技術研究所

片山 茂樹

株式会社東芝

石原 祐二

株式会社東芝

田中 立二

株式会社東芝

キーワード [Keywords]
和文 英文
設備保全 Facility maintenance
ZigBee ZigBee
センサネットワーク Sensor network
IEEE 1451 IEEE 1451
プラグアンドプレイ Plug and play
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.