財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
R15018
タイトル
PV逆潮流抑制のための需要家機器運転計画手法の開発―新しいPV出力抑制ルール適用時の効果の検証―
[Title]
Application of Operation and Planning Method of Customer's Appliances for Restriction of Reverse Power Flow from PV - Evaluation of Restricted Energy of PV under the New Rule for Restriction of PV Output -
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
再エネ特措法の一部改正により,太陽光発電の円滑な導入を目的として,太陽光発電大量導入による系統大の余剰電力を抑制するための住宅用PVを含めた新しいPV出力抑制ルールが定められた。当所では,系統大余剰電力を有効活用するための需要家機器運転計画手法を開発・実証してきたが,新しいPV出力抑制ルールに対応して同手法を改良する必要がある。本報告では,新しいPV出力抑制ルールに対応できるよう需要家機器運転計画手法を改良し,同手法適用によりPV抑制電力量および需要家の電気料金を低減できることを確認する。シミュレーション結果より,需要パターンの異なる7軒の需要データ(年間消費電力量が全国平均から±標準偏差の範囲内にあるデータを選択)を対象に開発した需要家機器運転計画手法を適用することでPV抑制電力量および電気代が共に約1割〜2割低減できることを確認した。また,同手法を適用した場合の住宅地域を対象とした配電線潮流パターンを評価した結果,需要家機器の運用により配電線潮流に大きな変化を与えないことを確認した。
[Abstract]
In Japan, the installed capacity of Photovoltaic(PV) generation systems reached about 28GW, in which there would be surplus power in whole power system in light load season. In order to install the PV system without affecting stable operation of power system, the Japanese government set a new rule to restrict PV output when the surplus power occurred in whole power system. CRIEPI has developed operation and planning method of customers' appliances for utilizing surplus power at the customer side. To apply the new rule to restrict PV output for the developed method, improvement of the developed operation and planning method is necessary. This report develop the improved operation and planning method of customers' appliances considering the new rule for PV output restriction. The simulation and experimental analysis has been conducted to validate the developed method. Simulation results shows that proposed method can reduce the electricity bill by 10-20%, restricted energy of PV output by 10-20% when the selling rate of PV output is 9.27yen/kWh, which shows validity of proposed method.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2015
発行年月 [Issued Year / Month]
2016/09
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

大嶺 英太郎

システム技術研究所 需要家システム領域

八太 啓行

システム技術研究所 需要家システム領域

高橋 尚之

システム技術研究所 需要家システム領域

上野 剛

システム技術研究所 需要家システム領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
太陽光発電 Photovoltaic Generation
蓄電池 Battery
ヒートポンプ式給湯機 Heat Pump Water Heater
デマンドレスポンス Demand Response
配電系統 Distribution System
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.