財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
S00001
タイトル
ウラン加工工場臨界事故に関するヒューマンファクター的分析(その2) -臨界事故の組織要因の検討-
[Title]
An Analysis on Human Factors Issues in Criticality Accident at a Uranium Processing Plant (Part 2) - A study on organizational factors contributing to the accident
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
ウラン溶液の製造が開始された1986年まで遡り、臨界事故の背景を検討した結果、許認可条件を超えるウラン溶液を、代用設備で製造しはじめたことなどの経営者・管理者に関わる組織要因、不適切な工程管理や労務管理などの管理システムに関する組織要因、さらには、決まりを遵守しようとしない組織風土に関する組織要因が明らかになった。つまり、特に、決まりを遵守しなくてもよしとする組織風土の中、経営者・管理者による生産性に偏った組織運営が生まれ、またより現場に近いレベルでは管理システムが形骸化し、その結果、臨界事故を防いでいた深層防護の壁が、約13年間の歳月の中で徐々に崩壊し、臨界事故が発生したと考えられる。また、この事故を教訓として原子力の安全性確保に向けた安全文化の醸成、安全のためのコストの必要性、管理とknow-why教育の重要性、設備設計の重要性が明らかになった。
[Abstract]
At 10:35 September 30th 1999, a criticality accident occurred in a uranium processing plant in Tokai-mura, Ibaraki prefecture, Japan during a job to make uranium solution. 150 people were exposed to the radiation. One of three workers who have engaged in the job and exposed to a massive dosage of radiation died of multi organ failure on 83 days after the accident, becoming the first such causality in Japan. The authors revealed in the former report (s99001) several latent factors contributing to pouring some 16kg-U into the precipitation tank. It suggests some organizational factors played significant roles in this accident. Therefore, this report discusses organizational factors of this accident and makes some proposals to reestablish nuclear safety. As a result, this accident is heavily contributed by (1) company executives/managers’ biased decision making giving emphasis on productivity or cost-effectiveness, (2) inappropriate process management, labor management and document management and (3) an organizational culture allowing them not to always follow rules. This report also proposes the directions of countermeasures to reestablish nuclear safety.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2000
発行年月 [Issued Year / Month]
2000/05
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

佐相 邦英

ヒューマンファクター研究センター

合田 英規

ヒューマンファクター研究センター

弘津 祐子

原子力情報センター

キーワード [Keywords]
和文 英文
ウラン加工工場 uranium processing plant
臨界事故 criticality accident
組織エラー organizational error
組織要因 organizational factors
安全文化 safety culture
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.