財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
S00007
タイトル
安全文化醸成への新たなアプローチ -原子力産業界における各国の研究動向および今後の方向性-
[Title]
A New Approach to the Spread of Safety Culture: The Trend of Studies and Practice in Foreign Nuclear Power Industry, and Future Approach
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
組織内で安全文化を醸成するには、そのための具体的方策や、安全優良企業における組織要因の特徴などを明らかにする必要がある。そこで安全文化に関する従来の研究や安全優良企業に関する調査結果、ならびに諸外国の電力会社・規制機関によるこれまでの安全文化醸成への取組みを概括し、安全優良企業の組織要因に見られる特徴と諸外国の原子力業界におけるこれまでの取組みの特徴を明らかにした。これまでの取組みを概括した結果、事故を未然に防ぐ「予防保全対策」に関する知見獲得や体系的プログラムの確立が不十分であることがわかったため、安全文化を醸成するために1) 顕在的リスク(事故・トラブルやヒヤリハット)から教訓を学び、事故対策の水平展開と再発防止を行う、2) 安全行動や安全意識を維持し、潜在的リスクの発見と未然予防に努める、の2点を実践するサイクルを構築することを提唱した。また安全管理施策を円滑に展開するため、組織要因や安全活動が従業員の心理・行動面に及ぼす影響に配慮することも重要であると考えられた。最後に今後の研究課題として、組織の安全性を診断するシステムならびに組織の問題点の改善に適切な安全管理施策を提案するプログラムの開発を提案した。
[Abstract]
The purpose of this study is to clarify organizational factors influencing on safety and to suggest future approach for the spread of safety culture. As the results of investigations on safety companies, characteristics of organizational policies, those of safety activities’ purposes, and organizational factors which encourage workers to take a positive attitude toward the safety activities were clarified. Based on the clarified characteristics and the trend of studies and practice in the foreign nuclear power industry, it was suggested that it would be necessary for the spread of safety culture in an organization to learn lessons for the prevention of accidents’ recurring and to maintain safety behavior and attitude for the prevention of accidents’ occurring. For support of this, it is desired to develop the assessment system of organizational safety and the planning system of safety management. The new approach was also suggested with the process model for influence of organizational factors which include workers’ psychological aspects.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2000
発行年月 [Issued Year / Month]
2001/04
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

長谷川 尚子

ヒューマンファクター研究センター

高野 研一

ヒューマンファクター研究センター

キーワード [Keywords]
和文 英文
安全文化 safety culture
組織要因 organizational factors
安全活動 safety activities
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.