財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
S00008
タイトル
米国ヒューマンエラー事象の分析(中間報告) -1992〜1996年発生分の特徴-
[Title]
Detailed Semantic Analyses of Human Error Incidents Occurring at Nuclear Power Plant in USA(Interim Report)-Charasteristics of Human Error Incidents Occurring in the Period from 1992 to 1996-
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
電力中央研究所HFCでは国内原子力発電所において発生したエラー事象(ヒューマンエラーが関与して発生したトラブル事象)についてJ-HPESを用いて分析を行い、その結果をデータベース化している。1999年より、米国原子力発電所が規制側に対して報告しているトラブル事象(LER)からヒューマンエラー事象を選定し、J-HPESを用いて分析している。本報告では、1992〜1996年に発生した米国エラー事象に対して、エラー行為(ヒューマンエラー)、原因、対策を分類した結果を取りまとめている。その結果、エラー行為のカテゴリーが日本のエラー行為のものとほぼ同じであるということが示唆された。また、エラー行為、原因、組織要因の相互関係が抽出できる可能性が示唆された。今後、このような方向性を念頭に置きながら、米国エラー事象の分析を継続していく。
[Abstract]
CRIEPI has been conducting detailed analyses of all human error incidents at domestic nuclear power plants (NPPs) collected from Japanese Licensee Event Reports (LERs) using J-HPES (Japanese version of HPES) as an analysis method. Results obtained by the analyses have been stored in J-HPES database. Since 1999, human error incidents have been selected from U.S. LERs, and they are analyzed using J-HPES. In this report, the results, which classified error action, cause, and preventive measure, are summarized for U.S. human error cases in the period from 1992 to 1996. It was suggested as a result of classification that the categories of error action were almost the same as those of Japanese human error cases. Therefore, problems in the process of error action and checkpoints for preventing errors will be extracted by analyzing both U.S. and domestic human error cases. It was also suggested that the interrelations between error actions, causes, and organizational factors could be identified. While taking these suggestions into consideration, we will continue to analyze U.S. human error cases.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2000
発行年月 [Issued Year / Month]
2001/04
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

弘津 祐子

ヒューマンファクター研究センター

津下 忠史

ヒューマンファクター研究センター

佐野 敏明

ヒューマンファクター研究センター

高野 研一

ヒューマンファクター研究センター

合田 英規

四国電力(株) 伊方発電所 発電第二課

キーワード [Keywords]
和文 英文
原子力発電所 Nuclear Power Plant
原因 Causal Factor
ヒューマンエラー Human Error
J-HPES J-HPES
米国 United States
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.