財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
S01001
タイトル
ナビゲーション法による保守教育支援手法の確立 -その2)RHRポンプ保守教育支援プロトタイプシステムの基本設計-
[Title]
A development of maintenance educational support method by using navigation method Part 2) A basic design of RHR pump maintenance educational support prototype system
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
[目的] 原子力発電所における同一、或いは異なる組織・体制に係わる指揮・命令系統の不具合から生じる「組織・体制的エラー」および保守作業の「難易度」と関係者等(電力会社の監理者、元請会社の工事責任者、協力会社の作業責任者)の「作業遂行能力(認知・判断・処理)」との不一致から生じる「ヒューマンエラー」、強いては、重大な「事故・トラブル」の未然防止を図ることを目的として、三位一体(監理者、工事責任者、作業責任者・班長)としての組織・体制および人間信頼性の向上を図るための斬新な「保守教育支援手法」を確立する。[主要な成果]1. RHRポンプ保守作業遂行に係わる三位一体間の情報のやり取りについて調査・分析した結果、三者間には業務内容に依存した職務遂行のための指揮・命令系統が存在することが判明した。(図1) 今後、この指揮・命令系統に基づく情報のやり取りを保守教育支援手法確立のための指標とする。2. 被教育者の「職位レベル」に相応しい教育支援を可能とする「プロトタイプシステム」について基本設計を行った。(図2). その特徴は、次の通りである。 (1)「組織・体制」/「現場作業」に係わる「初期教育シナリオ」による教育と教育前後の「職位レベル」/「作 業遂行能力」に係わるミスマッチ部分の推定。 (2) そのミスマッチ部分を補完・解消するための「組織・体制」/「現場作業」に係わる「再教育シナリオ」に よる再教育の実施。 (3) 再教育シナリオ過程における被教育者の回答内容の分析による「総合判定(教育効果)」の実施。 これによって、職制における「職位」とその職位に求められる「職務や職責等の遂行能力」に係わる自己の問題点や弱点(知識・経験不足等)の自己認識と効果的な保守教育支援手法確立の可能性が示唆された。
[Abstract]
The nuclear power plant has the human error produced from the disagreement of the difficulty of systematic error and maintenance work and the work execution capability, such as the persons concerned, which are produced from the fault of the command and the chain of command concerning organization. Then, this research establishes the new maintenance educational support prototype system for aiming at organization as Trinity (a supervision person, a construction person in charge, a work person in charge, and group length), and improvement in human reliability for the purpose of aiming at before hand prevention of a systematic error, human error, and the accident and a trouble.Main results1.In this research, as a result of investigating and analyzing about an exchange of the information which exists between the Trinity of concerning maintenance work execution, it became clear that the command and the chain of command for job execution exist among 3 persons.(Fig. 1). It will consider as the index for establishment of this command and chain of command of the maintenance educational support method from now on.(Fig. 1)2. The basic design was performed on the educator's-ed "position-and-rank level" about the "prototype system" which enables suitable educational support.(Fig. 2). Its feature are as follows. (1) Presumption of the mismatch portion concerning the position-and-rank level / work execution capability before and behind the education by the initial educational scenario concerning an organization / on-site work, and education, (2) Implementation of reeducation by the "reeducation scenario" concerning the organization / on-site work for complementing and canceling the mismatch portion.(3) Implementation of the comprehensive judgment (the educational effect) by analysis of the contents of a reply (conversation) of the educator-ed in reeducation scenario process. By this research, the possibility of the self-recognition of the problem of self or weak points (knowledge, shortage of experience, etc.) concerning the execution capability such as a job and a duty, for which the position and rank in office organization and its position and rank are asked. and establishment of the effective maintenance educational support methods was suggested.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2001
発行年月 [Issued Year / Month]
2002/04
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

吉野 賢治

ヒューマンファクター研究センター

弘津 祐子

ヒューマンファクター研究センター

藤本 順三

ヒューマンファクター研究センター

キーワード [Keywords]
和文 英文
保守作業 Maintenance Work
教育支援システム Educational Support Technique
ナビゲーション Navigation
ロードマッピング Road Mapping
組織・体制的エラー Systematic Error
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.