財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
S01002
タイトル
意識面・組織面からみた安全診断システムの構築(その1) -診断に必要な機能および診断結果の妥当性の検討-
[Title]
Development of the safety evaluation system in the respects of organizational factors and workers' safety consciousness (Part 1)-Present situation and analysis of organizational climate, safety management and safety consciousness of utility personnel in NPPs-
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
電力中央研究所では組織風土、安全管理および安全意識について従業員にアンケート調査することにより事業所の安全レベルを評価する安全診断システムを開発する。本報告では、診断システム開発のための基礎データを蓄積するため、国内の原子力発電所を対象に実施したアンケート調査について述べる。得られたデータは他産業のデータと比較され、原子力発電所と比較され、業種ごとに標準値が異なることが確認された。また、発電所間の比較を行い、調査による感度が十分であることを確認した。多変量解析を適用し、総合的安全指向の指標値を導き、これが事業所の安全レベルを表すことを提案し、この値が安全パフォーマンス(災害発生率)と相関性を有する指標であることを示した。また、発電所ごとに安全要因プロフィールを作成することにより、安全性向上のための対応に結びつけられることを示した。これらの知見は安全診断システムの構築に応用される。
[Abstract]
CRIEPI decided to develop the safety evaluation system to investigate the safety level of the industrial sites due to questionnaires of organizational climate, safety managements, and workers’ safety consciousness to workers. This report describes the questionnaire survey to apply to the domestic nuclear power plant for using the results as a fundamental data in order to construct the safety evaluation system. This system is used for promoting safety culture in organizations of nuclear power plants. The questionnaire survey was conducted to 14 nuclear power stations for understanding the present status relating to safety issues. This questionnaire involves 122 items classified into following three categories: (i) safety awareness and behavior of plant personnel; (ii) safety management; (iii) organizational climate, based on the model considering contributing factor groups to safety culture. Obtained results were compared with other industries to grasp features of NPPs, and were analyzed by statistical method to make a comparison between nuclear power stations. Additionally, by applying a multivariate analysis, it was possible to extract several crucial factors influencing safety performance and to find a comprehensive safety indicator representing total organizational safety level. Significant relations were identified between accident rates ( both labor accidents and facility failures) and above comprehensive safety indicator. Next, 122 questionnaire items were classified into 20 major safety factors to grasp the safety profiles of each site. This profile is considered as indicating the features of each site and also indicating the direction of progress for improvement of safety situation in the site. These findings can be reflected in developing the safety evaluation system, by confirming the validity of the evaluation method and giving specific functions.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2001
発行年月 [Issued Year / Month]
2002/04
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

高野 研一

ヒューマンファクター研究センター

津下 忠史

ヒューマンファクター研究センター

長谷川 尚子

ヒューマンファクター研究センター

廣瀬 文子

ヒューマンファクター研究センター

佐相 邦英

ヒューマンファクター研究センター

キーワード [Keywords]
和文 英文
安全文化 safety culture
組織要因 organizational factors
原子力発電所 nuclear power plant
安全診断システム safety evaluation system
アンケート調査 questionnaire survey
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.