財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
S01003
タイトル
組織面・意識面からみた安全診断システムの構築(その2) -安全診断手法の妥当性検討のためのケーススタディ-
[Title]
Development of the Safety Evaluation System in the Respects of Organizational Factors and Workers’Consciousness (Part 2): A Case Study for Examination of the Validity of the Safety Evaluation Technique
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
安全文化の醸成のためには,安全文化という目に見えない概念を目に見える形で多面的に測定・評価し,問題点に対してはその具体的な改善策を与えることが重要である。本報では,作成された安全診断手法について,その妥当性を検証すべく,とある化学企業を対象に事例研究を行った。既実施の化学業に対する調査結果との比較から,その事業所における特徴,問題点が抽出され,面接調査によって結果を裏付けることが出来た。さらに先行研究で得られた化学企業における組織要因間の相関関係が対象企業についても当てはまっていることが伺えた。ここから,作成された安全診断手法(調査票)が,相対的に安全に関わる組織要因を測定・評価できる妥当性を有していることが示唆された。また,事業所内3部署間の比較から,同調査票では各部署の特徴を把握することも出来ることが示唆され,あわせて安全診断実施の際には,部署間の差異を考慮に入れる必要性が考察された。
[Abstract]
It is important to measure and to evaluate the organizational issues visually that reflect on organizational safety for promoting safety culture. In previous research, the safety evaluation technique, which could measure the organizational safety issues from various angles, was made. Then, the purpose of this study is to examine the validity and the reliability of the technique using a case study. The questionnaire survey was conducted to 222 employees who belong to a branch office of a petrochemical industry for comparing with other petrochemical industries about the organizational safety issues. Also, these results were compared with the results of interview survey for some employees. As results, the following were obtained about the safety evaluation technique: 1) it could be picked out several features and problems of the branch office to other chemical industries; 2) it could be picked out the difference of safety consciousness in positions and also the disparity between administrators and general workers; 3) it could be picked out the difference of safety consciousness in sections; 4) the above features could be supported by the interview survey for some employees; 5) it was suggested that the differences of sections in a branch office had to be taken in consider. Including the previous research, the safety evaluation technique was verified its validity. The reliability will be also verified by reexamination after introduction of OHSMS in the company. For future research, it is planned to raise the validity and the reliability of the technique by increasing this kind of case study and to complete the safety evaluation system that can be applied to any industrial world.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2001
発行年月 [Issued Year / Month]
2002/04
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

廣瀬 文子

ヒューマンファクター研究センター

長谷川 尚子

ヒューマンファクター研究センター

津下 忠史

ヒューマンファクター研究センター

佐相 邦英

ヒューマンファクター研究センター

高野 研一

ヒューマンファクター研究センター

キーワード [Keywords]
和文 英文
安全文化 safety culture
組織要因 organizational factors
安全意識 safety attitudes
組織風土 organizational climates
安全活動 safety activities
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.