財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
S03001
タイトル
国内原子力発電所におけるヒューマンエラー事象の分析(〜2000年度)
[Title]
Detailed Semantic Analyses of Human Error Incidents Occurring at Domestic Nuclear Power Plants to Fiscal Year 2000
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
ヒューマンファクター研究センターでは、国内原子力発電所で発生した法律および大臣通達に基づく報告対象事象のうち、ヒューマンエラーが起因となった事象(2000年度末212件)についてJ-HPESで分析したデータを構築してきた。そのデータをもとに、運転操作にて発生した事象、保守作業にて発生した事象に分けて、エラー行為(分析対象行為)、原因、再発防止対策に対してKJ法を用いて分類を行った。その分類した結果をもとに発生頻度、経年的推移について取りまとめた。
[Abstract]
CRIEPI has been conducting detailed and structured analyses of all incidents reported during last 35 year based on J-HPES, from the beginning of the first Tokai nuclear power operation till fiscal year of 2000, in which total 212 human error cases are identified. Results obtained by the analyses have been stored into the J-HPES data-base. This paper summarized the semantic analyses on all case-studies stored in the above data-base to grasp the practical and concrete contents and trend of more frequently observed human errors(as are called trigger actions here), causal factors and preventive measures. First 212 human error cases could be classified into actions of operation or actions of maintenance. Analysis of These actions has been executed by classifying all those items into some categories that could be considered as having almost the same meaning using the KJ method. We put incidence and trend of those categories together.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2003
発行年月 [Issued Year / Month]
2003/05
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

津下 忠史

ヒューマンファクター研究センター

弘津 祐子

ヒューマンファクター研究センター

高野 研一

ヒューマンファクター研究センター

蛭子 光洋

ヒューマンファクター研究センター

津村 丈二

ヒューマンファクター研究センター

キーワード [Keywords]
和文 英文
原子力発電所 Nuclear Power Plant
ヒューマンエラー Human Error
対策 Preventive Measure
KJ法 the KJ method
原因 Causal factor
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.