財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
S03005
タイトル
リスクアセスメント情報活用システムの開発
[Title]
Development of a System Utilizing Data of Risk Assessment
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
電力で行われる業務は請負制で実施されることが多いため,まず,電力−請負会社−協力会社が担務する計画から作業の実施にいたる全手順についてリスクアセスメント(RA)を実施すべきであると指摘した。手順に直接関係する過去の災害などから類推される危害をRAに盛り込み,作業の全般に係わる事例についても別にRAを実施するよう提案した。これより,電力内での年間作業計画の策定,電力と請負間・請負と協力会社間での打ち合わせ,作業当日のKY,の4時点でリスク情報を示し,作業場養生などの事故予防対策箇所の明確化,リスク感知能力の継承等に資する方策を考えた。 また,RA手法を整備し,4作業のRAを実施した。このリスク情報をパソコンDB化し,上記4時点で利用できるリスク情報を出力できるようにした。同DBは,複数の件名作業にまたがる検索機能も持ち,部門間・事業所間のリスク情報の共有にも役立てることができる。
[Abstract]
This report deals with a concrete method of utilizing data of risk assessment. First, the authors point out the necessity to assess all stages of jobs (planning, meeting with contractors, performing phase of task, etc.) in risk assessment about jobs in electric power company, because most jobs are performed by contract system and risks of a job are distributed over electric company, contractors and subcontractors. Secondly, risks estimated from past accidents and near-miss events must be included. If these 2 requirements are fulfilled, data of risk assessment can be more useful. Then below 4 forms of present data of risk assessment were developed. ○a form to be used in job planning stage in electric companies for efficient investment planning in safety measures ○a form to be used in meetings between electric companies and contractors for checking accident prevention methods ○a form to be used in meetings between contractors and subcontractors for enhancing a shared awareness of risk ○a form to be used in tool box meetings for confirming safe condition and inheriting of ability of risk perception Additionally, a data base system of risk assessment about 4 jobs was developed. This system prints out above 4 forms for each job and is useful for PDCA of safety activities.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2003
発行年月 [Issued Year / Month]
2004/03
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

長坂 彰彦

ヒューマンファクター研究センター

高野 研一

ヒューマンファクター研究センター

蛭子 光洋

ヒューマンファクター研究センター

淡川 威

ヒューマンファクター研究センター

早瀬 賢一

ヒューマンファクター研究センター

キーワード [Keywords]
和文 英文
リスクアセスメント情報 data of risk assessment
データベース data base system
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.