財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
S03008
タイトル
意識面・組織面からみた安全診断システムの構築(その7) -安全性向上プログラム作成のための企業訪問調査-
[Title]
Development of the Safety Evaluation System in the Respects of Workers' Consciousness and Organizational Factors (Part 7): Interview survey on factories' safety activities to develop the Safety Improvement Program
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
本調査は,HFCにて開発した安全診断システムから得られた組織の安全上の弱点に対し,具体的な方策を提供する安全性向上プログラムを考案することを目標に,その第一段階として,安全性を向上させるに値するであろう特長的な安全制度・施策・活動を抽出するために行われた。化学業17事業所を対象にインタビュー調査を行い,安全活動上の工夫や問題点について尋ねた。調査の結果,96個の特長的安全活動や安全上の工夫が抽出され,これを元に安全性向上プログラムの一次案を提案することが出来た。また,同プログラムのDB化を試みた。また,安全優良事業所が特に行っている安全上の工夫,安全優良事業所以外でも3年間無災害であった事業所が行っていた工夫,そして,安全管理に関わる組織要因と関連のある安全上の工夫を分析することにより,安全性向上プログラムを利用する上での注意点をあわせて提案することが出来た。
[Abstract]
It is important to suggest specific countermeasures against weak points about workplace’s safety. CRIEPI has been developed a safety evaluation system. This system can evaluate the organizational safety issues from various angles. However, if organizations know their weak points about safety, it is no use unless taking measures against the weak points. Then, the purpose of this study is to suggest the safety improvement program against the organizations’ weak points about safety. As the first step, this study tried to interview 17 chemical factories. Factories, which include 3 fine factories about safety, were inquired about some devices to safety activities to collect good practices of safety. As results, the following were obtained: 1) ninety-six good devices about safety activities were obtained, and classified by the kinds of safety activities (Ex. KY); 2) commonly observed devices and problems about safety in chemical factories were obtained; 3) especially, good devices characteristic of fine factories were obtained; 4) provisional safety improvement program was suggested, and also developed the data base about it, 5) from the Fisher’s exact test, 2 notices how to use the program were suggested. For future research, it is planned to examine the validity of the program, to reform the database retrieval function, and to improve the database.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2003
発行年月 [Issued Year / Month]
2004/03
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

廣瀬 文子

ヒューマンファクター研究センター

蛭子 光洋

ヒューマンファクター研究センター

長谷川 尚子

ヒューマンファクター研究センター

早瀬 賢一

ヒューマンファクター研究センター

津下 忠史

中部電力(株) 新名古屋火力発電所

高野 研一

ヒューマンファクター研究センター

佐相 邦英

ヒューマンファクター研究センター

キーワード [Keywords]
和文 英文
安全文化 safety culture
組織要因 organizational factors
安全意識 safety atitudes
組織風土 organizational climates
安全活動 safety activities
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.