財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
S88001
タイトル
運転・保守時の人間行動モニタリング手法の確立−(その1)覚醒度が人間信頼性に及ぼす影響の検討
[Title]
Development of human behavior monitoring methods of plant operators and maintenance workers
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
本研究は、原子力発電所の監視・操作作業に従事する人間信頼性の向上の図るために、作業負荷が人間信頼性に与える影響を、実験的に解明してゆくことを目的とする。具体的には、人間側の特性として特に重要と考えられる覚醒度と精神作業負荷の測定法の検討を行っており、本報告では覚醒度を推定し得る指標として、精神性の発汗による皮膚抵抗値の変化を取り上げ、覚醒度が人間信頼性に及ぼす影響を実験的に検討した結果、以下のことが明らかとなった。(1)事業中の手掌および足の裏の皮膚抵抗値は、作業時の覚醒状態により明瞭に変化することが確かめられ、覚醒度のモニタリング法として有効である。(2)皮膚抵抗値を作業開始時点の初期健全な状態の抵抗値の何倍になるかで5段階に分類することにより、覚醒度をランク付けする方法を提案した。(3)覚醒度は、加算事業時の精神作業負荷と誤答率の関係、および監視作業時の信号見逃し率に影響を及ぼすことがわかり、覚醒度を皮膚抵抗値から評価してランク付けすることにより、その影響を定量的に評価できることが明らかとなった。
[Abstract]
The purpose of this study includes an improvements of human reliability related to control room operation in Nuclear Power Plants, and in order to realize this purpose, as a first step, it is necessary to reveal the influence of workload to human reliability experimentary when performing operational and monitoring tasks. It has been examined various methods to evaluate a mental work load and arousal level, that are one of the most important parameter to determine the human reliability. This report provides,in a practical aspect, a proposal of monitoring technique of arousal levels by measuring the skin resistance of a plam or a sole and a discussion of evaluating the influence of degraded arousal levels to human reliability. Following results are obtained: (1)The skin resistance of a plam and sole is varied during the operating tasks correspond to the work stage, it is considered as the effective methods to evaluate arousal levels. (2)In order to estimate the rank of an arousal level by skin resistance value, the measured skin resistance is devided to 5 categories by setting the standard value when initial wholesome situation. (3)It is revealed that the arousal level affected the human reliability, as the rate of wrong answer in a single digit adding calculation and signal missing probability in a monitoring task. Then, it is able to estimate the influence quantitatively with ranking the arousal level by skin resistance value.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
1988
発行年月 [Issued Year / Month]
1988/06
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

高野 研一

ヒューマンファクター研究センター

吉野 賢治

ヒューマンファクター研究センター

長坂 彰彦

ヒューマンファクター研究センター

キーワード [Keywords]
和文 英文
監視作業 monitoring tasks
人間信頼性 human reliability
覚醒度 arousal levels
精神作業負荷 mental work load
原子力発電 nuclear
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.