財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
S92001
タイトル
運転チーム行動モデルの全体構成とオペレータ行動モデル(個人モデル)の設計
[Title]
Structure of the Operators Team Behavior Model and Detail Design of Individual Operator Model.
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
本研究では、原子力発電所の運転チームのふるまいを構成員の思考過程まで含めて理解する体系的かつ総合的なシミュレーションモデルの開発を行っている。このモデルを開発するためには、個々の運転員の情報の取得や思考過程などの対応過程をモデル化するとともに、リーダシップやコミニュケーションなどのチームとしての対応過程についてもモデル化する必要がある。本報告では、平成3年度に実施した概念設計に基づき、モデルの機能、情報の流れにおよび入出力関係を明らかにした基本設計行った結果について述べた。また、基本設計に基づき、会話機能を持った個々の運転員の個人モデル(オペレータ行動モデル)およびこれを構成する各種マイクロモデルについて、その動作方式を提案するとともに、具体的な機能を実現するための詳細設計を行い、その内容をフローチャートで記述した。
[Abstract]
Recently,incidents occured by the machinary side as a primary cause has decreased,however,it is still remained to ensure the reliability of nuclear power plants from human factors aspects.The comprehansive understandings of the human operator behavior including a team behavior should be necessary to realize this purpose.Though,it is difficult to reveal the information processing way in human brain by experimentally.One of most reasonable ways to grasp the process of operator cognitive and reasonning isbased on the human modeling.The purpose of this study is to construct the operator team behavior simulation model,called SYBORG:Similation System for Behavior of the Operating Group.This paper describes the basic design of the SYBORG,in which the Human-Human Interface(HHI)Model is included,and the detail design of an operator behavior model:personnel model,which has the function of conversations.The modeling techniques involve the neural network applied to the human basic characteristics as the description of an arousal level and mental workload.Obtained main results are followings:(1)Basic Design of the SYBORG,including a simple plant simulator,man-machine interface,three personnel models and human-human interface,is completed.Basic design involves functions of each compornents,input-output relation,information flow and information transmission between each models.(2)To ensure flexible reasonning and information processing,the conception of the "TASK" is introduced.This task is able to be abend on the way of execution and it is possible to take another information.These tasks have priority and the priority make it possible to realize human flexible information processings.(3)Detail design was conducted about realizing funcions of each models.In order to convert the conception model to the simulation code,each models were devided into some micro-models and still devided into some tasks.Then these tasks were described by flowchart.(4)As the huamn basic characteristics,the concepts of an arousal and workload are introduced.These characteristics can not be analyticaly revealed,however,the factors determined these characteristics were regarded as the inputs of neural netwrk and output is the arousal level.It can avail the modeling method of these unknown factors.?
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
1992
発行年月 [Issued Year / Month]
1993/06
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

高野 研一

ヒューマンファクター研究センター

吉村 誠一

ヒューマンファクター研究センター

佐相 邦英

ヒューマンファクター研究センター

藤本 順三

ヒューマンファクター研究センター

岩井 誠司

ヒューマンファクター研究センター

キーワード [Keywords]
和文 英文
原子力発電所 Nuclear Power Plant
運転チーム Operation team
シミュレーション Simulation
注意力 Attention
思考
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.