財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
S93001
タイトル
原子力発電所における運転チームの行動シミュレーション−オペレータ行動モデル(個人モデル)の開発−
[Title]
Behavior Simulation of Operation Team in Nuclear Power Plant -Development of an Individual Operator Model
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
本研究では、原子力発電所に運転チームのふるまいを構成員個々の思考過程まで含めて模擬するために、体系的かつ総合的なシミュレーションモデルの開発を行っている。本報告では、運転チームを構成する個々の運転員モデル(オペレータ行動モデル)について、平成4年度に実施した詳細設計に基づき、以下のステップで最後的にプログラムを実施し、動作確認を実施した。(1)プログラム設計…運転員の行動目標を定めるメンタモデルを開発し、運転員のダイナミックなふるまいを最新のオブジェクト指向モデリング技術(OMT)により記述した。(2)プログラム化…知識処理ツールなどを活用し、OMTベースのモデルを効率的にプログラム化した。(3)動作確認…2種類の異常事象を発生させた場合、本シミュレーションコードが想定通りのふるまいをすることを確認した。
[Abstract]
Recently,human-machine interactions have been taken an important role in order to ensure the reliability of nuclear power plants.To validate the reliability,human cognitive behavior and team behavior should be examined in the various aspects.However,it is difficult to reveal human internal cognitive process and human-human interaction experimentaly.One of the most fundamental ways to understand operator cognitive and reasonning processes is to develop "human modelings".The purpose of this study is to develop an operator team behavior simulation model,called SYBORG:Similation System for Behavior of the Operating Group.This paper describes the development of an operator individual model,which is major part of the SYBORG.Finally,the operator model was realized as a programming code in an EWS.The main processes and results are following:(1)In the programming design stage,the Object Modeling Techniques:OMT was adopted to describe dynamic cognitive and reasonning behaviors of operators.(2)Also,to describe and determine how to understand plant situations,how to cope with the situations and how to select operations,an universal mental model was developed based on experimental results.(3)In programming stage,object oriented language C++and software tools Nexpert Object was adopted.Therefore,OMT design chart,those are object,dynamic and functional models,could be efficiently converted into programming code.(4)In thevalidation stage,several response of this code were examined,for example when ANN occured,whenverval comminucation trasmitted and when emergency operation required.This code could respond normally as intended in the design stage.(5)Also,in two malfunction cases,this code showed reasonable behavior in the following aspects:i.actions and utterance,ii.creating and revising a mental model,iii.selection of countermeasures,iv.situation understandings.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
1993
発行年月 [Issued Year / Month]
1994/03
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

高野 研一

ヒューマンファクター研究センター

佐相 邦英

ヒューマンファクター研究センター

吉村 誠一

ヒューマンファクター研究センター

岩井 誠司

ヒューマンファクター研究センター

関本 保男

ヒューマンファクター研究センター

キーワード [Keywords]
和文 英文
原子力発電所 Nuclear Power Plant
オペレータ Operator
思考過程 Reasoning Process
シミュレーション Simulation
オブジェクト指向 Object Modeling
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.