財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
S93003
タイトル
人間の意識形成メカニズの調査・研究(その1)−社会,文化の変化と人間の意識に関する研究の動向−
[Title]
RESEARCH ON THE MECHANISM OF HUMAN CONSCIOUSNESS-HUMAN CHARACTERISTICS IN SOCIO-CULTURAL ASPECTS-
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
現代の先進国諸国では,産業構造は急速に工業から情報産業へシフトしつつある。産業構造の変化は経済や社会のシステムを変革し,規範や価値観といった文化,またその中で暮らす人々の意識のあり方にも変化をおよぼす。時代の急速な変化の中で,人々の意識はどのような変化をしていくか,また今までの日本社会の発展を支えてきた勤勉を旨とする価値観はこれからも維持できるのか。本研究はそのような視点から,産業構造の変化が文化や人間の意識に与える影響について考察し,意識の変化を捉えるための手段として性格や適性の分析・評価法について調査した。その結果,性格理論の大きな2つの流れである類型論と特性論が統合されつつあること,性格・適性の分析評価法はそれらの手法の開発された時点におけるコンピュータの能力や多変量解析法に依存していることがわかった。今後,情報社会のパラダイムに沿った新しい分析・評価手法の開発が必要である。
[Abstract]
THIS REPORT DEALS WITH THE PROBLEMS OF INDIVIDUAL CHARACTERISTICS AND APTITUDES IN THE SOCIAL AND CULTURAL ASPECTS.WE UNDERSTAND THAT INDIVIDUAL CHARACTERISTICS ARE AFFECTED BY SOCIAL AND CULTURAL TRAITS,BUT WE OFTEN MISS THE RELATIONSHIP BETWEEN SOCIOCULTURAL TRAITS AND INDUSTRIAL STRUCTURES. TABLE 1 IS AN OVERVIEW OF THE RELATIONSHIP BETWEEN INDUSTRIAL STRUCTURES AND SOCIO-CULTURAL TRAITS. FROM THIS POINT,INDICIDUAL CHARACTERISTICS WILL ALSO CHANGE IN THE POST-INDUSTRIAL SICIETY,WHICH HAS BEEN TAKING OVER THE INDUSTRIAL SOCIETY NOW.IN THIS PERSPECTIVE,AUTHORS REVIEWED THE FIELDS OF SOCIAL AND CULTTURAL STUDIES TO KNOW HOW THEY TREAT HUMAN CHARACTERISTICS AND WHAT THE REAL PROBLEMS ARE IN OUR POST-INDUSTRIAL SOCIETY. THE RESULTS WERE SUMMARIZED FOLLOWS: 1)SUMMARIZING AND EVALUATING PSYCHOLOGICAL THEORIES OF HUMAN PERSONALITIES AND CHARACTERISTICS WITH REGARD TO THIER VIEWPOINTS,SPECIAL FEATURES,AND HYPOTHESIS,THE AUTHORS FOUND THAT TWO BIG CURRENTS OF PERSONALITY THORIES-CHARACTEROLOGY AND TYPOLOGY-ARE NOW MERGING INTO ONE CURRENT,I.E,BIG-FIVE THEORY. THINKING THAT THESE THEORIES,HOWEVER,WERE ORIGINALLY DEVELOPED IN THE PARADIGM OF THE INDUSTRIAL SOCIETY,THE AUTHORS POINTED OUT THAT A NEW THEORY SUITABLE FOR THE POST-INDUSTRIAL SOCIETY BE NEEDED. 2)TAKING A SURVEY OF PERSONALITY TESTS AND APTITUDE TESTS WITH REGARD TO THEIR THEORETICAL STANDPOINTS,EVALUATION SYSTEMS,QUESTIONNARIES AND MERITS-DEMERITS,THE AUTHORS FOUND THAT THE TECHNIQUESARE HEAVILY RELIED ON THE ANALYTICAL METHODS AND USABLE COMPUTER RESOURCES AT THEIR TIME. HENCE,THE AUTHORS SUGGESTED THAT GUI-BASED,MORE PERSONAL-ORIENTED ANALYTICAL METHODS WRITTEN DIALOGUE BE DEVELOPED IN THE FUTURE. 3)MODERN SOCIAL STRUCTURES HAVE BEEN SHIFTING FROM THE INDUSTRIAL SOCIETY TO THE POST-INDUSTRIAL SOCIETY,WHCIH THE AOUTHORS CALL THE INFORMATION SOCIETY . CONSIDERING THAT MANY SOCIO-CULTURAL TRAITS SUCH AS ECONOMICS,MORALITIES,STANDARDS OF VALUES,ETC.,ARE STILL UNDER THE INDUSTRIAL SOCIETY S PARADIGM,THE AUT
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
1993
発行年月 [Issued Year / Month]
1994/07
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

近藤 敏明

情報研究所情報通信部通信網グループ

吉野 賢治

ヒューマンファクター研究センター

キーワード [Keywords]
和文 英文
人間特性 HUMAN BEHAVIOR
パーソナリティ PERSONALITY
適性 APTITUDE
行動科学 BEHAVIOR SCIENCE
情報社会 POST-INDUSTRIAL SOCIETY
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.