財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
S94001
タイトル
原子力発電所における運転チームの行動シミュレーション−対人認知を考慮した人間的信憑性のモデル化−
[Title]
SIMULATION OF OPERATOR TEAM BEHAVIOR IN NUCLEAR POWER PLANT -MODELING OF RELIABILITY BASED ON INTERPERSONAL PERCEPTION-
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
人間的信憑性と,聞き手の性格(自己評価),対人認知の観点を考慮した聞き手の感じる話し手の性格(他者評価)および両者の性別との関係を,学生被験者69名を対象にしたアンケート調査から検討した。その結果,YG性格検査によって評価できる12性格因子の話し手と聞き手の差および両者の性別の合計13の説明変数によって,相関係数約0.5,判別率80%以上で人間的信憑性の大きさを2段階で判別可能であることを示した。また,聞き手は話し手の人間的信憑性を性別および性格全体から評価していることを明らかにした。さらに,聞き手,話し手の性格が類似していると人間的信憑性には殆ど影響しないが,両者の性格が異なると(一方が主観的,他方が客観的な性格)と,人間的信憑性は大きく受けることを示した。
[Abstract]
MANY COUNTERMEASURES HAVE BEEN DEVISED TO REDUCE ACCIDENTS CAUSED BY HUMAN ERROR AND TO ENHANCE THE RELIABILITY OF NUCLEAR POWER PLANTS. HOWEVER,EVALUATION OF THE EFFICIENCY OF THE COUNTERMEASURES DEPENDS ON THE SUBJECTIVE OPINIONS OF EXPERTS IN HUMAN-FACTOR ENGINEERING. THEREFORE,A METHOD TO EVALUATE EFFICIENCY IS NEEDED. TO MEET THIS NEED,WE DEVELOPED SYBORG (SIMULATION SYSTEM FOR BEHAVIOR OF OPERATING GROUP) AS A TOOL FOR EVALUATING COUNTERMEASURES. SYBORG HAS A HUMAN-HUMAN INTERFACE (HHI) MODEL WHICH INTRODUCES CREDIBILITY TO DESCRIBE THE TEAM DECISION-MAKING PROCESS THROUGH COMMUNICATION. SOME STUDIES DIVIDE CREDIBILITY INTO EXPERTNESS AND RELIABILITY. IT IS THOUGHT THAT EXPERTNESS DEPENDS ON THE CONTENTS OF THE STORY AND THE SITUATION. WEASSUMED THAT RELIABILITY DEPENDS ON THE PERSONALITY EVALUATED BY THE LISTENER RATHER THAN ON THE STORY CONTENT. FOCUSSING ON RELIABILITY CLARIFIES THE RELATIONSHIP BETWEEN RELIABILITY,LISTENER S PERSONALITY AND SPEAKER S PERSONALITY BASED ON INTERPERSONAL PERCEPTION. THIS LEADS TO DEVELOPMENT OF THE HHI MODEL WHICH CAN INTRODUCE THE EFFECT OF PERSONALITY IN THE TEAM DECISION-MAKING PROCESS. BASED ON A QUESTIONAIRE (SELF-PERSONALITY CHECKS,OTHER PERSON S PERSONALITY CHECKS BASED ON,INTERPERSONAL PERCEPTION AND RELIABILITY CHECKS) TO 69 UNIVERSITY STUDENTS,WE CONFIRMED THAT RELIABILITY CAN BE DESCRIBED BY THE LISTENER S AND SPEAKER S PERSONALITIES USING INTERPERSONAL PERCEPTION. THE MAIN RESULTS ARE ASFOLLOWS: (1)THE LISTENER S PERSONALITY AND THE SPEAKER S PERSONALITY EVALUATED BY THE LISTENER DESCRIBE THE RELIABILITY THE LISTENER FEELS ABOUT THE SPEAKER. MORE CONCRETELY,THE DISTRACTION OF SEX AND THE DIFFERENCE IN 12 PERSONALITY INDICES,EVALUATED BY THE YG PERSONALITY CHECK BETWEEN THE LISTENER AND THE SPEAKER MAKE IT POSSIBLE TO CLASSIFY THE RELIABILITY INTO TWO LEVELS WITH A CORRELATION COEFFICIENT OF 0.5,AND A DISTINCTION RATE OF 0.8. (2)NO PARTICULAR PERSONALITY INDEX WAS OF GREAT VALUE WITH REGARD TO THE PARTIAL CO
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
1994
発行年月 [Issued Year / Month]
1994/07
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

佐相 邦英

ヒューマンファクター研究センター

長坂 彰彦

ヒューマンファクター研究センター

高野 研一

ヒューマンファクター研究センター

吉村 誠一

ヒューマンファクター研究センター

キーワード [Keywords]
和文 英文
原子力発電所 NUCLEAR POWER PLANT
運転チーム OPERATION TEAM
シミュレーション SIMULATION
人間的信憑性 RELIABILITY
対人認知 INTERPERSONAL PERCEPTION
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.