財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
S97003
タイトル
メンバーの性格がチームパフォーマンスに及ぼす影響の実験的評価
[Title]
EXPERIMENTAL EVALUATION OF EFFECT OF TEAM MEMBERS PERSONALITIES ON TEAM PERFORMANCE
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
YG性格検査の結果にもとづいて組み合わされた3名の被験者チーム(性格組み合わせは,A型,C型,D型のみチームとA,C,D型各1名の4種類で,それぞれ2チームづつ計8チーム)に対し実験を行った。各チームは8事象に対応した。対応の結果をもとに,(1)作業分担と方向づけ,(2)リカバリィおよび(3)連携の維持の機能について評価値を求め,以下の知見を得た。1.評価値の多重比較による分析ではD型の2チームと他の性格組み合わせのチームとの間には明瞭な有意差があった。各チームの3つの機能についての評価値は,いずれもA型チーム<=ACD型混成チーム<=C型チーム<=D型チームの順であった。2.また,チーム内の各メンバー間の発話回数・内容について分析した結果,A型チームでは,当直長から他の2人の運転員への指示が少ない,などチームの機能の良否はメンバー間の発話内容に反映されることが分かった。
[Abstract]
THIS REPORT DESCRIBES THE RESULTS OF EXPERIMENTS IN WHICH TESTEE TEAMS COPED WITH ABNORMAL EVENTS ON A POWER PLANT SIMULATOR. TEAM MEMBERS WERE INTENTIONALLY UNITED BY PORSONALITY TYPE USING THE YATABE-GUILFORD PERSONALITY TEST. EACH TEAM COPED WITH EIGHT ABNORMAL EVENTS. TEAM BEHAVIORS WERE EVALUATED IN TERMS OF : (1) DIRECTION AND ORIENTATION (11 ITEMS), (2) RECOVERY (13 ITEMS), AND (3) MAINTENANCE OF COOPERATION (13 ITEMS). THE ORDER OF THE EVALUATED VALUES WERE ALMOST ALWAYS AAAS<=ACDS<=CCCS<=DDDS FOR EACH FUNCTION. THE RESULTS OF MULTIPLE COMPARISON OF EVALUATED VALUES ARE AS FOLLOWS : (A) THERE ARE REMARKABLE DIFFERENCES BETWEEN DDDS AND OTHER COMBINATIONS OF PERSONALITIES (32 CASES PER 36 CASES). (B) SOME CASES ARE SIGNIFICANT BETWEEN TWO TEAMS WITH THE SAME COMBINATION OF PERSONALITIES (4 CASES PER 12 CASES). THE RESULTS OF ANALYSIS OF UTTERANCES OF TEAM MEMBERS ARE AS FOLLOWS: (A) THERE IS GOOD CORRESPONDENCE BETWEEN THE NUMBER OF UTTERANCES AND EVALUATED VALUES. (B) WITH AAAS, THE NUMBER OF INSTRUCTIONS IS VERYSMALL. (C) WITH CCCS, THE NUMBER OF UTTERANCES RELATED TO MAINTENANCE OF COOPERATION IS RELATIVELY SMALL. THE RESULTS SUGGEST THAT THE COMBINATION OF PERSONALITIES IN AN IMMATURE TEAM RELATES TO TEAM PERFORMANCE AND UTTERANCES.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
1997
発行年月 [Issued Year / Month]
1998/05
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

長坂 彰彦

ヒューマンファクター研究センター

西浦 直志

(株)アルプス技研

鈴木 智宏

中部電力株式会社

塙 まゆみ

(株)電力計算センター

キーワード [Keywords]
和文 英文
快適性 COMFORTABLENESS
脳波 BRAIN WAVES
休憩 RECESS
短時間睡眠 SHORT NAP
ヒューマンパフォーマンス HUMAN PERFORMANCE
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.