財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
S98003
タイトル
原子力発電所のヒューマンエラー事象の分析 -多変量解析法によるヒューマンエラーの特徴抽出-
[Title]
Detailed Semantic Analyses of Human Error Incidents Occuurring at Nuclear Power Plants -Extraction of Human Error Characteristics by applying Multivariate Analysis-
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
原子力プラントの運転・保守に係わるトラブル事例を、ヒューマンファクターの観点から分析・評価することは、類似のトラブルの再発防止のために重要である。本報告では、事例を分析することにより運転・保守の各々におけるエラーの共通的な原因、背景要因を特定した結果をまとめている。また、エラー行為毎に多くとられている対策を発生時期別(〜80年、81〜85年、86〜90年、91年〜)に特定している。多変量解析を用いて分析することにより、原子力発電所のヒューマンエラーには、典型となる発生パターンおよびエラーの種類毎に有効な対策案があることが示唆された。
[Abstract]
It is essential for preventing the recurrence of human error incidents to analyze and evaluate them with the emphasis on human factor. This paper described the obtained results in respects of typical human error together with situational factors and causal factors found commonly among analyzed incidents during operation and maintenance. Moreover, frequent preventive measures for each error categories were identified in each time interval(-'80,'81-'85,'86-'90,'91-). By the multivariate analyses, it was suggested that there were several occurrence patterns identified of how errors occur at nuclear power platns and also there were effective preventive measures for each human errors.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
1998
発行年月 [Issued Year / Month]
1999/03
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

弘津 祐子

原子力情報センター

鈴木 国彦

ヒューマンファクター研究センター

高野 研一

ヒューマンファクター研究センター

小島 三弘

ヒューマンファクター研究センター

キーワード [Keywords]
和文 英文
原子力発電所 Nuclear Power Plant
J-HPES J-HPES
ヒューマンエラー Human Error
多変量解析 Multivariate Analysis
原因 Causal Factor
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.