財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
S98004
タイトル
多変量解析による情動の分類と原子力プラント運転員の情動における個人差
[Title]
Classification of Emotions by Multivariate Analysis and Individual Differences of Nuclear Power Plant Operators'Emotion
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
原子力プラントトラブル時における運転員の情動のシミュレーションモデルの開発するため、本研究では(1)多変量解析を用いた情動の分類、(2)情動の生起プロセスにおける個人差とその要因についての調査、を行った。(1)では多変量解析によって、51の情動を4つの基本情動(対象に向ける情動、対象から受ける情動、驚き、快情動)にグループ化した。また各情動間の類似性に基づいて51種類の情動の順位付けを行った。(2)ではプラント運転員を対象にアンケート調査を行い、状況に対する予測の有無や個人特性と情動の関係を明らかにし、状況が情動喚起に及ぼす影響度に差異があることなどを確認した。その結果、喚起される情動の種類や強度は、情動を喚起する状況の種類と個人特性(運転員の思考特性や運転経験、運転チームに対する帰属意識)の相互影響によって差が現れることが判明した。
[Abstract]
The purpose of this study is the development of a simulation model which express operators' emotion under plant emergency. This report shows the classification of emotions by multivariate analysis and investigation results conducted to clarify individual differences of activated emotion influenced by personal traits. Although a former investigation was conducted to classify emotions into five basic emotions proposed by Johnson-Laird, the basic emotions is not based on real data. For the development of more realistic and accurate simulation model, it is necessary to recognize basic emotion and to classify emotions into them. As a result of analysis by qualification method III and cluster analysis, four basic clusters were clarified, i.e., Emotion expressed towards objects, Emotion affected by objects, Pleasant emotion, and Surprise. Moreover, 51 emotions were ranked in the order according to their similarities in each cluster. An investigation was conducted to clarify individual differences in emotion process in using 87 plant operators. The results showed the differences of emotion depending on the existence of operators' foresight, cognitive style, experience in operation, and the conscious of attribution to an operating team. For example, operators with low self-efficacy, short experience or low conscious of attribution to a team, feel more intensive emotion and more affected by plant conditions. The model which can express individual differences will be developed utilizing and converting these data hereafter.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
1998
発行年月 [Issued Year / Month]
1999/03
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

長谷川 尚子

ヒューマンファクター研究センター

吉村 誠一

ヒューマンファクター研究センター

キーワード [Keywords]
和文 英文
運転チーム Operator Team
ヒューマンモデリング Human Modeling
ヒューマンエラー Human Error
情動 Emotion
原子力発電所 Nuclear Power Plant
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.