財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
S99002
タイトル
各種の休憩が作業成績に及ぼす影響の実験的評価
[Title]
Experimental Evaluation of the Influence of Various Rests on Task Performance
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
監視業務主体の作業や夜勤時においては,覚醒度が低下することは避けられない。そこで,短時間で覚醒度の低下を解消できる効果的な休憩方法の資質を探ることを目的として実験を実施した。 実験では8名の被験者に対し,加算課題,検索課題のそれぞれについて,連続して80分間課題を行った場合と中間に開眼,閉眼,閉眼+音楽,閉眼+マッサージの4種類の20分休憩を挟んだ場合において,課題の成績,脳波,心電図等を計測・分析した。まず,休憩方法の違いにより課題後半の成績が有意に異なることが分かった。しかし,休憩方法ごとの成績の順位は8名で同一でなく,休憩方法の好みの順位ともほとんど相関がなかった。そこで,休憩方法ごとの課題順位と休憩時のβ波に対するα波の割合増加順位との相関の分析,内観などを考察し,休憩中の被験者の覚醒度の推移が後半の課題成績に関係しているとし,短時間休憩に求められる資質6項目を導いた。
[Abstract]
This report deals with the result of the experiment that 8 subjects had executed adding task and search task. They executed each task in 80 minutes under 5 conditions: (1) with no rest, and with 4 kinds of 20 minutes rests, in which they (2) opened eyes, (3) closed eyes, (4) closed eyes with listening classic music and (5) closed eyes with feet massage, in the middle of the task. The results of analysis of variance with the task performance in the latter half, there were significant differences between each condition with every subject in adding task, and with 6 subjects in search task. However, the orders of the task performance with each condition were not the same by each subject. It was suggested that transition of the arousal levels under the rest was related to the effects of the rest rather than the subjects’ taste in rests. In the rest, the percentage of α wave of electroencephalogram and the coefficient of variation of R-R interval ( time interval of heart beats ) were increased than in executing task. The mean Kendall’s rank correlation of coefficient with the order of increase rate of α/β wave and the task performance in the latter half was slightly negative in adding task, but was about 0.4 in search task. From these results, about six requirements for “an effective rest” were able to be mentioned, for example, “the devices that raises the arousal levels is carried out just before a rest end”.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
1999
発行年月 [Issued Year / Month]
2000/01
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

長坂 彰彦

ヒューマンファクター研究センター

廣瀬 文子

ヒューマンファクター研究センター

鈴木 文美

東海大学 工学部 原子力工学科

キーワード [Keywords]
和文 英文
休憩 Rest
作業成績 Task Performance
脳波 Brain Wave
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.