財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
S99004
タイトル
防災活動上の問題点に関する事例調査 -ヒューマンファクターの視点から-
[Title]
A case study on some problems during disaster prevention activities - from the human factors viewpoint
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
設備災害時の防災活動上の問題点をヒューマンファクターの視点から明らかにするため、記録が豊富な自然災害等への対応で見られた防災活動上の問題点を、16の災害から調査した。その結果、組織の一員として災害に対処する人間の行動に問題が見られた背景には、防災組織構成、情報伝達ルート、下部組織への権限委譲などの体制に関する不備、災害想定に関する不備、人手不足、通信機器やコンピュータシステムなどのハードウェア機器の機能不全、判断ミス、コミュニケーションミスがあり、さらに防災活動に関する根本的な問題として、災害や危機はめったに起きないとする先入観、災害・危機対応に関する基本理念の欠如が、防災活動の円滑な推進を妨げていることが明らかになった。また、判断ミス、コミュニケーションミスについては、ヒューマンファクターの観点から検討が必要であることが明らかになった。
[Abstract]
After serious accident such as Great Hanshin Earthquake, Sarin attack on Tokyo’s subway system, Criticality accident, etc. lots of problems emerged on disaster prevention programs and related laws, etc. Then, the programs are revised and revised or new laws are enacted. However, the same kinds of problems happen again in other disasters. One of reasons seems to be human itself who execute disaster prevention programs. In order to improve disaster prevention activities, this paper analyses some 30 human related problems found in 16 disasters in Japan such as earthquake, flood, traffic accident, etc. These problems are categorized into 10 such as problems on communication, decision making, human resources, etc. The analysis also finds latent factors behind these problems. Those are deficiencies on communication channel/organization/power transfer, disaster supposition, human resources, hardware/software resources, decision making and communication. Moreover, lack of basic ideology against disaster and biased belief of few disasters are found to be the root causes of poor disaster prevention. This paper finds the necessity of countermeasures to deficiencies on communication and decision making from human factors viewpoint in order to improve disaster prevention activities.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
1999
発行年月 [Issued Year / Month]
2000/03
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

佐相 邦英

ヒューマンファクター研究センター

合田 英規

ヒューマンファクター研究センター

弘津 祐子

原子力情報センター

キーワード [Keywords]
和文 英文
防災 disaster prevention
危機管理 crisis management
ヒューマンファクター human factors
事例調査 case study
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.