財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
S99007
タイトル
組織面・意識面からみた安全文化構築に関する調査研究 -その3 工場・事業所を対象としたアンケート調査の結果-
[Title]
Research Study about the establishment of safety culture -- part 3 : results from the questionnaires answered by the representatives in various factories
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
前報で報告したアンケート調査を踏まえて、安全に関する活動や制度の内容をより詳細に捉えるための調査票を作成し、石油化学・繊維化学業、一般製造業の工場の責任者を対象とした調査を実施した。その結果、以下のような知見が得られた。・労災件数の多寡で回答を複数のグループに分けて比較したところ、労災件数の少ないグループでは、多いグループよりもほぼ全ての安全活動や安全制度に積極的に取り組み、安全衛生担当部門も積極的に活動していた。・労災件数の多いグループでは、少ないグループに比べて、安全活動や制度への取り組みに多少ムラがあることが分かった。・安全に関する取り組みを構成する要因を因子分析や相関係数を元に調べたところ、「意識」、「体制」、「制度」という3者が企業の「内的安全度」を示す要因と考えられ、組織風土や日常の安全活動もそれらを中心に整理できる可能性が示された。
[Abstract]
The word "Safety Culture" became very popular after the JCO accident in Japan, but the definition of "Safety Culture" is not so clear and the ways of establishing and maintaining the "Safety Culture" was also unclear. So the research study was planned to evaluate the relationships between safety index such as cases of labor injuries and safety related activities, such as "regulations about safety control", "safety month(week)''and "foresight of unsafe situations".In this study, we re-designed the questionnaire sheet to be consisted from 9sections and 165 questions and focused on three industries such as construction industry, petro-chemical/petro-textile industry and general manufacturing industry.This paper treated the answers from the managers of petro-chemical/petro-textile industry and general manufacturing industry and the results were summarized as below.- From the occurrences of labor accidents, safer factories tend to do safety related activities more eagerly than unsafe factories.- Viewing from the factor analysis and correlation indices, three facets of the safety activities, such as "activities of labor safety department", "safety consciousness of workers" and "safety regulations" were most closely correlated and these facets would be usable to measure the "safety culture" of each factories.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
1999
発行年月 [Issued Year / Month]
2000/03
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

小島 三弘

ヒューマンファクター研究センター

廣瀬 文子

ヒューマンファクター研究センター

高野 研一

ヒューマンファクター研究センター

長谷川 尚子

ヒューマンファクター研究センター

キーワード [Keywords]
和文 英文
安全文化 safety culture
構造分析 structural analysis
組識要因 organizational factors
組織風土 organizational climates
安全活動 safety activities
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.