財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
S99008
タイトル
組織面・意識面からみた安全文化構築に関する調査研究 -その4 現場従業員を対象としたアンケート調査の結果-
[Title]
Research Study about the establishment of safety culture -- part 4: results from the questionnaires answered by the general employees
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
企業の安全に関する各種調査の一環として、実際に現場で作業する従業員を対象とした安全に関する取り組みや意識を尋ねるための調査票を開発し、建設業の現場職員と石油化学・繊維化学業の工場従業員を対象に調査を実施し1126名からの回答を得た。回答結果を分析したところ、安全に関する取り組みは建設業の協力会社職員が最も熱心で、建設業の本社職員、化学工場従業員の順であった。労災件数の多寡による特徴を調べたところ、両業種とも労災件数の多いグループと少ないグループの間に明確な違いは見られなかった。一方、業界内部で認知されている安全活動の熱心さを元に建設業の回答をグループ分けしたところ、熱心と思われている企業では従業員の安全に関する取り組みも職場の雰囲気もそうでない企業に比べて優れていることが示された。この結果を元に建設業の特殊性や労災件数を企業の安全度とみなすことの意味について検討した。
[Abstract]
Labor accidents happen in factories and sites and are caused by the employees who are working there. So it's necessary to evaluate the safety culture of the organization from the safety attitudes and safety activities executed by the employees who are working in the factories or in the sites.From this viewpoint, research study was executed to measure and evaluate the safety attitudes of the employees working in petro-chemical/petro-textile factories and in construction sites and gathered 1126 answers. In this paper, these answers were analyzed and these results were found.- Comparing between employees working in construction industry andpetro-chemical/petro-textile industry, employees in constructionindustry showed higher scores about safety related activitiesand they seem to have more eagerness to safety. Especially, employees in subcontract companies in construction industry show highest scores in safety related activities.- There seems to be a discrepancy between the index measured by the occurrences of labor accidents and the judgments from the expert in that industry. The results from the questionnaires strictly match the judgments from the expert so the safety index measured by the occurrences of labor accidents seems to be not so good measures for safety related activities.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
1999
発行年月 [Issued Year / Month]
2000/08
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

小島 三弘

ヒューマンファクター研究センター

廣瀬 文子

ヒューマンファクター研究センター

高野 研一

ヒューマンファクター研究センター

長谷川 尚子

ヒューマンファクター研究センター

庄司 卓郎

労働省産業安全研究所 境界領域グループ

鈴木 芳美

労働省産業安全研究所 境界領域グループ

キーワード [Keywords]
和文 英文
安全文化 safety culture
組織風土 organizational climates
組識要因 organizational factors
労働災害 labor accidents
安全活動 safety activities
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.